哀と憂鬱だけが友達 ホーム »アニメ
カテゴリー「アニメ」の記事一覧

けもフレ騒動の原因、二次利用はどこ?  

 けものフレンズのたつき監督と元請けのヤオヨロズの退陣騒動ですが、原因らしいモノがやたら多いみたいです。たつき監督の所属していたirodori(同人グループ)がC92のコミケでけものフレンズの冊子を販売、大手各種のコラボ、自主製作アニメ等が原因では?と考えられています。


-- この記事の続きを読む --

category: アニメ

thread: アニメ

janre: アニメ・コミック

tag: アニメ  ニュース  けものフレンズ  カドカワ  角川 
tb: 0   cm: 0

けものフレンズから見る利権への汚さ  

 けものフレンズの監督であるたつき氏と元請けのヤオヨロズ株式会社が利権問題でKADOKAWAから切られた模様。KADOKAWAから発表された内容を見るとたつき監督サイド(アニメ1期製作陣)との矛盾が見えます。

 関連企業であるニコニコ動画(ドワンゴ)でも隠蔽らしき行動が見られて視聴者との対立が表面化している。君はお金が大好きなフレンズなんだね♪




「けものフレンズ」の映像化プロジェクトに関するご報告
http://kemono-friends.jp/archives/category/news/


けもフレ騒動の原因、二次利用はコミケ(C92)か?
追加記事アリ!

http://haihat.blog.fc2.com/blog-entry-4447.html


-- この記事の続きを読む --

category: アニメ

thread: アニメ

janre: アニメ・コミック

tag: アニメ  けものフレンズ  KADOKAWA  角川  出版社  版権  利権  ニュース 
tb: 0   cm: 0

鉄血のオルフェンズ第19話 感想  

 機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第19話「願いの重力」が放送されました。ガンダムフレームからなる特別な機体という設定は好きですよ。アラヤシキシステムで無理をすると鼻血出すのはギャグにしか見えない。本当なら網膜の弱い目とか真っ赤になって血涙するはずです。それやると夕方アニメで怖すぎるからダメか・・・。

gandam_bal.png

●大気圏突入編
 17話のコロニー騒動が終わって、18話からは地球降下編らしい。これから4話ほどはコロニー育ちの新鮮な反応が楽しめそうです。19話で地球到着、20話からは地球での話になるみたいです。個人的にはモビルスーツ戦があっただけで満足しています。

 ちなみにガンダムで大気圏突入は意外と多いらしく、初代ガンダムなんかは単騎で突破している。少し昔の機動戦士ガンダムSEED2作品はストライクガンダム2種とも大気圏突入ありだそうです(見ていないので分からない) 自分の大好きな起動武闘伝Gガンダムでは宇宙へ抜けるのはあっても降下はなし(´・ω・`)

-- この記事の続きを読む --

category: アニメ

thread: 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

janre: アニメ・コミック

tag: 感想    アニメ  ガンダム  鉄血のオルフェンズ 
tb: 0   cm: 0

鉄血のオルフェンズ第7話 感想  

 機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第7話「いさなとり」が放送されました。キャラクターが出揃い始めたので、物語が軌道に乗り始めた感じがします。昭弘がフルボッコにされていたけど、モビルスーツ戦で1対2だったから仕方ないか・・・。

gandamO7.jpg

ガンダムXみたい
 基本的に少年傭兵団がクーデリア(火星独立の活動家)を中心に物語を進める話です。特定の人物が軸で動くのはガンダムXを思い出しました。Xはニュータイプ(ティファ)が軸になって話が進むタイプです。

 また鉄華団のポリシーみたいなのは一貫しているので、前作レコンギスタの主人公ベルリよりは感情移入できます。主人公の三日月はオルガ任せなところがあるので、主人公の意思をどうするのかも気になります。ちなみにXのガロードは惚れた女(ティファ)に全力、艦長のジャミルはニュータイプの保護で活動家に近かった。

 少年傭兵軍団にしては仕事が大き過ぎるし、どんな味方が増えるのか気になる7話でした。Xでは最後にカリスがジャミル達を助けてくれましたからね。元々、傭兵だったウィッツ(エアマスター)とロアビィ(レオパルド)も最後まで助けてくれたし・・・。

 余談ですが、現実の活動家は何であんなに利権臭いんだろうか? まぁ、目立つ活動家はそれ目当てだからというのもあるのかもしれない。

category: アニメ

thread: アニメ

janre: アニメ・コミック

tag: 日記  レビュー  感想    アニメ  ガンダム  鉄血のオルフェンズ 
tb: 0   cm: 0

ワンパンマン第2話の感想  

 ワンパン第2話『孤高のサイボーグ』が放送されました。基本的にネット漫画→商業誌→アニメ化の順で原作を追って展開しています。細かい差はありますが、大筋は変わらない様です。この漫画はネット上で無料で読む事ができます。

opan2
※やられている彼は主人公ではありません

●ワンパンチで敵を倒すバトル物
 超身体のバトル漫画が元なのでアニメ化で動くと見栄えます。アイシールド21で作画担当をしていた村田雄介先生と集英社の編集がキッカケでヤングジャンプで漫画家になりました。アニメの制作元はマッドハウスで、直近の作品はオーバーロードです。通りで動きが見栄えるワケだ。

 戦闘シーンのアニメーションが良くできてるので、他作品のドラゴンボール超などと対比してしまいます。一昔前よりも作画の見せ方は本当に進んだと思います。3Dのカメラワークとか技術が進んだ結果でしょうか?

 なお第2話でワンパンされるのはモスキート娘と獣王(NO2)、その他数名です。ジェノス君が一撃野郎のサイタマ氏に弟子入りするのもこの2話になる。恐らく進化の家編は2~4話ぐらいで収まる予定か?かなりコンパクトに思えます。

 獣王戦でのただの回避なども微妙に凝った作画にしている辺り感心しました。マントや衣服すら破けないのはサイタマ先生が凄いからとジェノス君が言っていました。

category: アニメ

thread: アニメ

janre: アニメ・コミック

tag: 日記  アニメ  レビュー  ワンパンマン 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

FC2カウンター

カテゴリ

相互RSS

リンク

ランキング

アクセスランキング

Amazon広告

RSSリンクの表示

▲ Pagetop