哀と憂鬱だけが友達 ホーム » コラム・レビュー »MMORPGを語る

MMORPGを語る  

 ニコニコ動画でラグナロクオンラインのGvGの様子が放送されて
久しぶりにMMORPGをやってた頃を思い出してました。

●初めてのMMORPG
 私の初めてのオンラインゲームはラグナロクインラインでした。
友人の話からの参加でしたが、オンゲーブーム初期でした。
初めての世界でチャットしたり、アイテムの取引とか楽しかった。


●その世界はβ1
 2002年でROのβ1テスト時代だったと思う。
友人に進められて必死に綿毛集めてたのが最初の思い出です。
NPCの交換イベントでウサミミバンドが開始されたらしくて
ルナテックの落す白い綿毛の値段が跳ね上がった。

 テストでもαの次で未実装具合の部分も多く
更にサーバー自体も安定せずに落ちる事も珍しくなかった。
「サーバーとの接続が切れました」て俗にいう”鯖缶”


●更なる先のβ2
 次に印象的だったのが上級職の実装だった。
ナイト、ブラックスミス、ハンター、ウィザード、プリースト
アサシンの俗に言う2-1職の実装です。

 温いMMORPGと言われたが、上位条件のジョブレベル40
この目標が基本職になるまでと全然違って相当苦労した・・。
沈没船でイソギンチャクのヒドラが定点で沸く所で狩ってた。


●選んだ職業
 私がやった時は剣士、商人、アコライトの3つだった。
どれも一応、2-1職の上級職になったが、それで限界だ。
ブラックスミスとかショボい属性武器しか作れなかった・・。
商人のスキルで利回りは良くなったけどね。

 AGI型ナイトにウィスパーカードが欲しかったのだが該当する
ウィスパーが念属性のため、属性武器でしか倒せなかった。
ちなみにアコライトは通りすがりの人助けが面白かったからだ。


●臨時パーティーなど
 当時は大都市の出入り口とかで臨時パーティー募集とか
ダンジョン内で命がけでアイテム露店出してる商人とか居た。
フロアの境になるワープゾーン付近はモンスターの沸きが
少なく比較的安全地帯になってたのもあった。

 それでも稀にモンスターの餌食になってAFK(離席中)の
露店商人が無残に横になってたりするのは日常的だった。


●飽きた後とその亡霊
 しかし、結局はクリックするだけの単調なゲームなので
今の盛り上がってるソーシャルゲーム同様にいつか飽きる。

 元々、ソードアートオンラインのキリト君と同じボッチだった。
固定パーティーを組むと利便性が上がるが拘束力も上がる。
だから臨時とかでやってて遊んでいたが飽きてしまった。

 余談だが今のドラゴンクエスト10のオンラインを見てると
それで満足してる人を見てるとROの初期と大差ない気がする。
あの頃と良くも悪くもソックリなんですよね・・・・。


●黒くうごめくサーバー
 止めた後に知ったのが、エミュレーターサーバーがある。
ROに関してはハッキングで台湾のサーバーから流出し
有志がそれを元に組み上げて単体起動する物がある。

 ちなみにROに限らずエミュ鯖と呼ばれるのは他にも
存在するみたい、言うまでもなく違法行為です。
※利用規約に反するクライアントの使用にあたる。

 更に言うと本サーバー側でも昔はバカバカしくなるほど
BOT(自動プログラム)がウヨウヨ居たりしてた。
でも稀に罠入りのBOTを掴まされた馬鹿も居て

やあボクBOT!
でもご主人様はバレてないと思ってるから気付かない振りしてあげてね♪


なんて言って動いてるシュールなのが居たりした。
BOTの多さにお互い、BOT?と疑心暗鬼になる程だった。
ちなみに正規サービス開始前後がBOT全盛期だ。

 そもそも韓国でオンラインゲームが活気付いた原因も
海賊版のコピーが激し過ぎて商売にならない為とか・・・・。
今では完全にピークを過ぎ去ったけどね。 >オンゲー


●他も割と同じ感じだった
 他にはリネージュ2とファンタシースターオンラインのPC版
リネージュとかの類は本当にROのコピーみたいな感じだった。
そもそもROもファンタシースターオンラインをPC特化して
改良し直したゲームだったのがたまたまウケただけの様だった。


●理想のMMORPG
 恐らく理想系はファンタジーライフ、ルーンファクトリーそれに
フリーゲームだとelonaの世界観がそれに近い物だと感じた。

 大半のゲームは戦闘ありきから抜け出しきれてないのばかり
有名なポケモンなんかも戦闘以外から未だに抜け出せない。
それ以外の形が何かしらで無いと限界にも思える。

 もう縦にダダ長い経験値テーブル見るのとか流行らんぞ・・。
その反動がリアルマネートレード(RMT)とかに出てしまってる。
ポケモンの完全データとか未だにヤフオクで売ってるの見るし
ドラクエ10は強引に捻じ伏せようとしてるらしいけどね。


●ソードアートオンライン
 ちなみにモデルにされたのがソードアートオンライン
最初のうちは割と良かったんだけど、アスナハーレムに突っ走り
デスゲーム化した副作用で引くに引けなくなったのが残念だった。
そもそもMMORPGのボスはソロ狩り出来る代物じゃねーし

 でもガチで書こうとしたらマジでネタがなくなるレベルだった。
当時や恐らく今でもMMORPGのジャンルは見た目だけの違いで
本質的には差別化されてるか?と聞かれると言い切れないだろう。

 まぁ、BOTvsプレイヤーのオンゲー小説とかも面白そうだけど
凄い面倒な上に、リアルの不満を作品にしてどうなる!て話だがw

真面目に書くとなるとロックマンEXE並に二面性の必要が出る。

 盛り上がりの為にデスゲーム化するしかなかったのかな・・。
今だとカードゲームで生死やりとりするのもよくある話だからね。
遊戯王はそれ抜きでネタに付き抜けたから潔いけどね・・。
関連記事

category: コラム・レビュー

thread: ゲーム雑記

janre: ゲーム

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://haihat.blog.fc2.com/tb.php/1081-9fa7969b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

FC2カウンター

カテゴリ

相互RSS

リンク

ランキング

アクセスランキング

Amazon広告

RSSリンクの表示

▲ Pagetop