哀と憂鬱だけが友達 ホーム » 時事ニュース »7、ブラック企業である

7、ブラック企業である  

仕事がつまらなくなる6つの原因
新刊JP - 2013年05月05日 18:00

仕事がつまらなくなる6つの原因
 今日でゴールデンウィークも最終日。
 明日からまた仕事ということで憂うつな気分でいる人も多いかもしれません。
 ところで、どうして仕事がゆううつだったり、つまらなく感じたりするのでしょうか。そこには業務内容はもちろんさまざまな理由があるようです。
 今回は『入社10年目の羅針盤』(岩瀬大輔/著、PHP研究所/刊)より、その理由をまとめてみました。

■コミュニケーションがうまく取れない
上司、同僚、部下、顧客など、仕事はさまざまな人とのコミュニケーションが不可欠です。これがうまくいかないと仕事の進みも遅くなりますし、人間関係自体も悪くなってしまうでしょう。そしてもちろん、楽しく働くこともできません。

■スキルが足りない
スキルも楽しく仕事をするために重要な要素です。スキルが足りないと、自分が「やりたいこと」と「できること」にギャップが生まれてしまいます。すると、仕事で満足感をえることは難しくなってしまい、仕事がつまらないと思ってしまうこともあります。

■モチベーションが上がらない
結局のところ、人間は気分で動く生き物。何をやってもうまくいかなかったり、飽きてしまったり、待遇が悪かったり、何らかの理由で気分が落ち込んでいると、モチベーションが下がり、仕事への意欲は低下します。

■キャリアプランがうまく行っていない
これは業務内容の問題です。やりたい仕事につけていないから仕事を楽しめないというパターン。
「やりたい仕事ができていない」という不満が長期間募ると、今の仕事でどんなにがんばっても満たされることはありません。

■プライベートに問題がある
「仕事にプライベートを持ち込むな」とはいいますが、プライベートが仕事に影響しないはずがありません。プライベートの充実があってこその仕事の充実。仕事以外の時間に問題を抱えていると、仕事を楽しむことはできません。

■チャレンジしていない
現状に満足しているなら別ですが、本当はやりたいことがあるにも関わらず、失敗を恐れて現状に甘んじている人もいます。こういう人は、リスクをとってチャレンジしている人と比べると、仕事を楽しみ切ることができません。

仕事を楽しみたかったら、今回挙げた6つの原因を取り除けばいいと、著者の岩瀬さんはいいます。
大事なことは、この6つは、自分の取り組みで改善できるということです。
今仕事がつまらないと感じているなら、人のせい、会社のせいにするのではなく、自分から今の状況を変えるべく動きだしてみてはいかがでしょうか。
(新刊JP編集部)



 そもそも6つ程度で済むわけが無い。もうこの時点で買う価値ない。
ステマ乙の言葉が光の速さで飛んでくる。 ブラック企業本でも書けば?

 現実問題は自分5割で企業5割だと思う。
いくら自分が頑張ってもベストは50%にしかならない。
逆に自分がダメでも企業が良いと相乗効果で自然に上がる。

 出来る人間は人の使い方や教え方が上手いんですよ。
だから勝手に下が伸びて行って自力で業務こなし始める。

 逆にヘタクソなほど「ゆとり、指示待ち、技術盗め」とかの
定番レッテルを張って勝手に終らそうとしてくるからタチが悪い。
上場したいけど出来ないとか、最低限のマニュアル化もしてない。

 良い所は好循環起こす可能性がある程度で終るけど悪い所は
ほぼ100%で悪循環を回して倒産するまで気付かない。
(部署が縮小とか多少のダメージでは絶対に反省しない)

 著者なら一般人が何を欲しがってるかを選別して書け
その程度の事はラノベの作者ですら意識してやってる事だ。
こんな本、過労死か自殺するヤツしか買わない社畜本でしょ
関連記事

category: 時事ニュース

thread: ニュース

janre: ニュース

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://haihat.blog.fc2.com/tb.php/1091-6cf94d9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

FC2カウンター

カテゴリ

相互RSS

リンク

ランキング

アクセスランキング

Amazon広告

RSSリンクの表示

▲ Pagetop