哀と憂鬱だけが友達 ホーム » スポンサー広告 » チラシの裏Mk-3 »ラノベの執筆具合

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ラノベの執筆具合  

 現在、14,327文字で14ページ目の3分の1に到達しました。
新人賞とかの基準だと80ページぐらいが下限との事です。
つまり80ページに達せば好きに倒れても良い!(違います)


●妄想拳2倍
 とりあえず、一日で少し本気になれば1万字程度は行ける。
プロットの大筋でスタートとゴールが出来てるのは大前提で
ある区切りで更に起承転結を意識した形になるかどうか

 更に言うと起承転結の入れ子になってるかどうか
最初の序章だけで物語全体の起承転結の”起”になる。
勿論、序章単体だけ読んだ場合でも起承転結になっている。


●物語が勝手に歩き出した
 正確に言うと勝手にとは違うと確信した。
いかに自分の物語に可能性を見出して肉を付けられるか
ブレインストーミングみたいにあらゆる方向を考えたりする。

 自分の書いてるので遭遇した例だと主人公達が普通に
露店や店で買い物をしたと二行で書いて済ませるよりも
それがどこで、どの様に入手したか詳細に加筆する。

 勿論、加筆したら余計なキャラや設定が出来たりする
後に話を続ける際に大筋を傷つけない程度に改変する。
これをすると自然と伏線のキャッチボールになる感じだ。


●俺レベルアップ
 ただ個人の構成力やアイディアの引き出しが大きく影響する。
全ての事に作者の人生における経験値がそのまま返ってくる。
それが実体験だろうが、ネットで調べた事だろうが関係ない。
噂話の都市伝説でも何でも構わない。純粋な引き出しの数

 前に天才キャラをいくら書いても作者以上には天才にならない
そう書いたけど、そもそもキャラクター種類にすら影響及ぼす。

客観的に見れる人はそれだけ多くのパーソナリティーを持つ
 早い話、ビリー・ミリガン超えるぐらいが欲しい。
(ビリー・ミリガンはとてつもなく数の多重人格障害)

 あとラノベ製作HPでも言われてるが内容関係無しに執筆速度
ともかく、アウトプットできて見直せるのが相当重要だとか
確かに頭の中や略図などでは間違いなく限界がある。

 自分の中から出した物でも完全に制して無いのは多いと思った。
ラノベに限らずネタ帳を必ず持ち歩く人はそれを補助してる。
今のこの長文ブログも正直、走り続けなんですけどね・・・・。
関連記事

category: チラシの裏Mk-3

thread: 日記

janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://haihat.blog.fc2.com/tb.php/1092-498eef6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

FC2カウンター

カテゴリ

相互RSS

リンク

ランキング

アクセスランキング

Amazon広告

RSSリンクの表示

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。