哀と憂鬱だけが友達 ホーム » 時事ニュース »不幸な世の中、犯人は誰だ?

不幸な世の中、犯人は誰だ?  

 契約が切られた事もあり、一度見直そうと思いました。
参議院選も近いので図らずとも繋がる結果になりそう。

●非正規労働2000万人超す 介護者、60歳以上5割
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013071302000140.html


 ちなみに東京新聞だけでなく、多少の差異はあれど
新聞各社が一斉に取り上げた最近のニュースです。
非正規、介護などの問題が深刻化している。


●自民党の支持母体
 長年政権を握り続けていた自民党ですけど、
その支持母体は大企業系や経団連などらしいです。
早い話、社長みたいな経営者で権力を握っているタイプ。

その証拠は今回の『ワタミ擁立』からもうかがえます。

 そして、今まで何していたかと言うと雇用規制緩和や
後先考えずに企業の利益になる事だけを考えて動いた。
公明党と一緒になったのは組織票欲しさです。

 故に一部の経営者とかだけに凄く甘い政治をしてきた。
ブラック企業がここまで広がった原因でもあると思います。


●企業に甘い自民党
ネットで調べたら面白い2つの意見があります。

1.企業の社会保障負費が増加するので非正規にする。
2.企業が負担している社会保障費は他国と比べ安い。



 少し頭がこんがらがりましたが、この矛盾する2つです。
ただ社会保障費が上がっている事は間違いない筈です。

 今の制度は人口ピラミッドが正しい形をしている事を
大前提として組まれている為です。若者>老人が原則。
ちなみに今は見てもわかる通り超少子高齢化です。



●社会保障と企業の義務
 企業が雇用する従業員にやらないとダメな事、
条件を満たしているのに破ると犯罪です。(法的効力)

1.労災保険 (労働者災害補償保険法 第3条)
労働者の災害に巻き込まれた際に対する保険

2.雇用保険 (雇用保険法 第5条)
労働者が失業した後に対する保険

3.社会保険 (健康保険法 第3条 および 厚生年金保険法 第6条)
労働者の健康に対する保険


・労働保険および社会保険への加入が義務の会社とは?
http://www.kanri-center.jp/category/1297357.html


 これが基本セットになっています。
特に3番目が鬼門になっている健康と年金ですね。
老人の方が体を壊す可能性が高いので若年が支えます。

 普通に雇用していたらバイトでも、どこかに引っ掛かる。
特に雇用保険なんかはフルタイムだと間違い無しです。

契約切られた会社も雇用保険だけは発生しました。

 ブラック企業と言うのは、こういう当たり前の事をせずに
労働者をコキ使う事ばかりを考えている企業の事です。

合法ですら残業の制限外しができる36協定などあります。


●派遣で企業が負担が減るのは嘘?

>208 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/07/13(土) 11:36:44.42 ID:X3uuXnjuP [4/6]
>派遣会社のマージン率が高い日本
>-----------------------------
>■フランスのマージン率
>マージン率の公開については、フランスにおける平均マージン率は 13 %であるが、派
>遣労働者の関心は、均等待遇原則に基づいて、派遣されるポストの労働者と同じ報酬が得
>られているかにあるため、マージン率についての関心は日本のように高くはない。
>http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2010pdf/20101101013.pdf

>■日本のマージン率の例
>株式会社ビット マージン率 49.4%
http://www.bit-corp.co.jp/cms/wp-content/uploads/2012/12/fec55686ccf5f749a80724489642af8c5.pdf
>セゾン情報システムズ マージン率:45.5%
>http://home.saison.co.jp/company/company_profile/margin_rate.html
>株式会社JTBマネジメントサービス マージン率 38.8%
>http://www.jtbms.jp/data/doc_130619_1.pdf
>株式会社トーテック マージン率:36.45%
>http://www.totec-net.com/common/pdf/2013_0401.pdf
>株式会社インテリジェンス・モス マージン率: 33.43%
>http://www.i-moss.co.jp/profile/margin.pdf
>テンプスタッフテクノロジー(豊田オフィス)33.2%
>http://www.temptech.co.jp/enterprise/pdf/11.pdf
>株式会社マニューバー マージン率33%
>http://www.maneuver.jp/margin.html
>株式会社プラウド マージン率32%
>http://www.be-proud.jp/driver/margin.html


>※マージン率は昨年の改正派遣法で公開義務化された。自民政権下ではできなかったこと


●派遣、非正規で得るモノ
 2ちゃんねるのスレッドで見つけた有意義な情報です。
ご覧の通り、派遣で美味い思いをしているのは中間徴収。
人身売買などと揶揄されているのが体現されています。

 ならば派遣などを使う企業がどこを得をしているのか?
それは恐らく『切りやすさ、解雇のしやすさ』でしょう。
厳密には契約の打ち切りを派遣元へ報告する形です。
派遣でなくとも契約やら請け負いなどの形もそう。


 何で正社員と騒がれるかと言うと最大のメリットは
企業の好き勝手で雇用者を切れない」という点にあります。
これは難しくて良くも悪くも作用します。

 セガは自主退職へ追い込む為、何も無い部屋で何もさせない。
そんな拷問のような事を社員に仕向けました。 >パソナルーム
結論から言うと企業倫理が地に落ちているのが問題です。


●そして、企業の失うモノ
 ただ当然、企業側からしても手痛い仕打ちが来ます。
それは『自社で後継者、人間が育たない』これに他なりません。

 そもそも非正規の小細工に頼る企業はこの意識が乏しい。
結局は目先の利益に食い付いているだけですからね。
芽が出るのが遅いのもあり、軽視されがちです。


 故に過去に言った「バイトは正社員の養分」とは
指揮系統だけが正社員で、現場はバイトで補うと言う形。
理に叶っているし、適材適所に見えるのだが、
実際はバイトに要求する内容が非常に高いのが日本の特徴。
切られたバイト先もこの形でした。

 だから現場のバイトに異常が起こった場合には
指揮の正社員だけでは回収できないと言うリスクが起こる。
どんなに着飾ろうと「現場に強い人は現場に居る人
※ライン工など極限まで単純化された場合は除く
 逆に専門性が高ければ高いほどしっぺ返しが大きい。


●結局は目先
 何もこれは今に始まったことでは無いです。
目先に走った国民の居ない、大義の無い愚策の結果でしょう。
よく外国への売国ばかりを注視されていますが、中にも敵は居る。

 ちなみに自民の支持母体として農業、医師が居たのだが、
TPPの問題で折り合いが付かないで離れて行った模様です。

 残った経団連の米倉は遺伝子組み換え食品等を握り、
TPP利用して利権を広げようと絶賛強欲中です。

国民からしたら企業に売られた挙句にアメリカに売られた始末。
(モンサント、住友科学で利権ゲトゲト)
関連記事

category: 時事ニュース

thread: ニュース

janre: ニュース

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://haihat.blog.fc2.com/tb.php/1170-86f2ec09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

FC2カウンター

カテゴリ

相互RSS

リンク

ランキング

アクセスランキング

Amazon広告

RSSリンクの表示

▲ Pagetop