哀と憂鬱だけが友達 ホーム » ゲーム関係 »スカルガールズを買ってプレイした

スカルガールズを買ってプレイした  

 先日、Moneybookers(Skrill)で支払いをして、Steamから格闘ゲーム『スカルガールズ』を購入してみました。値段としては為替の影響で大体2,000円程度になります。折角、リアルアーケードプロのコントローラがあるんだから他の格闘ゲームでもしてみようかと思ったのが始まりです。

スカルガールズ1

●海外の同人格ゲー
 この『スカルガールズ』というのは元々、同人ゲームだったらしいです。生い立ちは日本の『MELTY BLOOD(メルティブラッド)』通称:メルブラに近く、世界観は『アルカナハート』に近い。更に格闘ゲームとしてはカプコンの『ヴァンパイア』、『マーブルvsカプコン』シリーズに近い仕様です。

●販売媒体
 どうやら流通、営業がほぼ無い為に販売形態はPS3、XBOX360、PC(Steam)のいずれかのダウンロードタイトルとして販売されています。価格は約1,500円ですが、Steam版だけは$15,00USDなので為替で変わります。開発は主に寄付とかの形で成り立っている模様で日本ではコナミやマーベラスAQLが協力しています。(特にBGMはコナミ製)



●ゲーム概要
 カプコンの格闘ゲームをベースにコンボ寄りにした感じになっています。プレアブルキャラクターは初期は8人でストリートファイター2の初期人数と同じです。現在はDLC(ダウンロードコンテンツ)で8+1人になりました。ちなみにボスキャラは完全に置物キャラで使うことはできませんでした。ジャパニメーションとカートゥーンの影響を色濃く反映したデザインです。


●良い点
 「勿論、日本語化済み」、「コンボが比較的繋ぎやすい」、「トレーニングモードで各種判定を見る事が可能」、「一応、オンライン対戦の環境が整っている」、「1~3人を選ぶパワーレシオ制&アシスト設定に幅がある」、「グラフィックの描き起こしが綺麗」、「乳揺れ」、「パンチラ」です。なんか最後の方が酷いけど、このゲームは大半が女性キャラです。しかし、世界観からキャラデザインに癖のあるモノが大半を占めているのが海外臭い。

●悪い点
 「コンボが繋がり過ぎる為に準無限コンボがある」、「永久コンボ禁止のシステムが脆弱」、「2人パーティー以上のアシスト攻撃が強力(1人の上方補正を返すほど便利)」、「基本的に防御システム周りが弱く、一部の駆け引きが酷い」です。ハメ紛いのモノを防止しようと設定はされている感じですが、レシオ制やアシスト設定の幅の広さが裏目に出て調整不足が否めないです。永久コンボ禁止は攻め側が発生を読めば回避されてしまう。

●その他
 後は「スパ4と比べオンライン対戦機能で見劣る」、「6ボタン式でアーケードコントローラー前提のゲーム性」など色々と悪い点以外も少し目立ちます。ストーリーモードとかは比較的良くできてます。過剰なコンボゲーになり過ぎて素人のMUGENバランスみたいになってしまっているのが残念過ぎる点です。EVO2013年(格闘ゲームの世界大会)の種目選考にも上がったが、大乱闘スマッシュブラザーズDXに知名度などで競り負けた。
関連記事

category: ゲーム関係

thread: ゲーム雑記

janre: ゲーム

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://haihat.blog.fc2.com/tb.php/1222-502da632
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

FC2カウンター

カテゴリ

相互RSS

リンク

ランキング

アクセスランキング

Amazon広告

RSSリンクの表示

▲ Pagetop