哀と憂鬱だけが友達 ホーム » スポンサー広告 » チラシの裏Mk-3 »京都市長から少子化アンケート

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

京都市長から少子化アンケート  

 10月の下旬ぐらいに京都市長名義で少子化アンケートが送られてきた。冊子と返信用封筒が入っており、髪媒体でチェックして送り返す形式です。自由欄もあり、個人的にはタイピング速度早いからパソコンのホームページなりでやってほしかった。


●無作為(自称)
 どうやら住民票なりから無作為に選んだらしいが、恐らく20~30代の男女に対して重点的に送られたと思われます。名義は京都市長で業者委託で紙アンケートという形らしいです。ちなみに全7~8ページほどあり意外と面倒臭い。答える義理も義務もないのですが、律儀に書いて送り返しましたよ。暇人だわ。


●アンケート内容
 選択肢で目立ったのは「雇用問題で結婚できない、年金や社会保障が破綻する」などでした。後は結婚に対する意識アンケート、結婚や独身に対するメリットとデメリットに関する設問でした。


●個人的な結論
 個人的な意見としては「年間自殺者数、少子高齢化、失業率」などはあくまで結果でしかないと思います。つまり、表面化している時点で既に手遅れなんですよ。特に命の数である年間自殺者数ですら軽視している時点で相当アレだと思います。

 何の根拠も無い思い込みですが、今の失敗の全ては「バブル後の成長間違い」だと思います。よく失われた20年なんて言われていますが、現在進行形で悪化中に思えます。日本の主導者がゴミ過ぎるのが主な原因で、その象徴が政治家でしょう。

 極端な話、外国からのキッカケで需要が沸いて為替(価値の差)があればバブルになる。それこそ中国ですらバブルになったし、いい加減な働き方しても勝手にGDPが上がる。1ドル=360円とかが可能にした一過性で、問題は国際的に追いついた円熟期だろう。

 コストパフォーマンスという概念に乏しく、人の成果を軽視する。更には未だに馴れ合い(手揉み、世襲)でロクでなしが経営者になっていたりする。ブラック企業が社会問題になっている時点でどうかと思います。

 回りまわって10~20年も経てば結果は出ますよね? ちなみに現在進行形のTPP、消費税の増税、雇用緩和は二の舞でしょう。歴史に学ばないと言うか、特に後者2点は小泉革命がやらかしたミスをそのままデッドコピーしている様です。


●出来る現実案
 よって、少子化をピンポイントで防ぐと事はほぼ不可能だと思います。諸悪の根源である社会環境やら価値観自体を変えないとダメになる。力技を使うにしても自治体の力では到底無理でしょう。政府が法規制でやるにしても、献金や経団連などと既得権がベッタリの政治家では不可能でしょう。

 現実的な案としてはブラック企業に対する厳しい処罰、逆に法令順守している企業に対する補助です。今の状態では産地、素材偽装と同じでやった者勝ち過ぎる。

 次には男女の憩いの場として縁結びの名所を用意するとかぐらいでしょう。実際にはやれる事はたかが知れてるでしょう。


●手当てがあれば子供作る?
 子供の居る家族に補助出したり、保育施設を充実させたりともありました。でも実際には補助出すのには限りがあるし、あくまで後手の案でしかなくて根本解決にはならないでしょう。

 いつも仕事で両親居ないで施設とかなら、子供の人格形成に深刻な影響を与える恐れもあります。どう考えても人を増やそうとするとアド損になる。新しい職場に新人を瞬間に効率が上がる事が無いのと同じです。どうしても研修期間などで最初はロスが発生する。

 それに加えて経営者の大半が育児休暇などに対する理解が無いのが致命的です。育休取られたら迷惑、辞めてくれとか多過ぎです。

 また昔のお見合いから恋愛結婚になって、それ以前になってる所も複雑に絡んでいそう。


●手遅れ
 結論は少子化は既に手遅れ、自業自得でそのまま死んでください。介護する人が居ないで苦しんで死ぬ時に初めて気付く人が大半でしょう。実感するかも怪しいですけどね。

 だからと言って移民は大反対です。そもそも移民は後戻り出来ないし、違う人種問題が大き過ぎる。しかし、このまま進めても日本は終わりですし、移民の外圧によって日本の狂った常識を変えるのも一興かもしれませんけどね。

 コンビニとか見ているとその最前線だと思います。この資源は愚か人材にすら乏しい国で何が起こるか・・・。中国のトヨタ工場で中国人がストライキしていたよ。その点では彼らの方がまとも
関連記事

category: チラシの裏Mk-3

thread: 日記

janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://haihat.blog.fc2.com/tb.php/1263-2c263ef7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

FC2カウンター

カテゴリ

相互RSS

リンク

ランキング

アクセスランキング

Amazon広告

RSSリンクの表示

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。