哀と憂鬱だけが友達 ホーム » スポンサー広告 » 健康 »【歯科】インプラント治療

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

【歯科】インプラント治療  

 以前にブログにも書いた事があるが、左下の残存乳歯がそろそろ本格的にヤバくなってきた。歯の状態も”根”が完全になくなり完全に浮いている。


●歯を失った時の選択肢
 完全に歯を失った場合の選択肢は3つしかない。1、ブリッジ治療 2、インプラント治療 3、入れ歯にする になる。入れ歯に詳しい説明の必要はないだろう。総入れ歯や一部だけの部分入れ歯などが挙げられる。

 ”完全に失った”と書いたが、歯根さえ残っていれば”差し歯”という選択肢がある。根っこだけを流用して、そこに歯を差し込むという方法だ。しかし、私の場合は残存乳歯なので立てかける”根”が完全に無いのだ。


●ブリッジ治療
 ブリッジ治療は残っている隣り合う歯から橋をかける形で歯が無い箇所を補う。保険が使えるし、値段も安い一般的な治療方法だ。

 しかし、それに支払う代償は大きい。隣り合う健康な歯を360度削り、一回り小さくしてから”かぶせ”を上から乗せて橋をかけるのだ。勿論、歯を失った箇所に根が付くわけでは無い。噛む際にかかる負荷も両隣の歯にかかる。


●インプラント治療
 ブリッジ治療と違いインプラントは歯茎の肉を開き、人工のボルトを歯根として埋め込む。その上に疑歯を立てるので他の歯には殆ど手を加えない。

 また人工の歯根があると言う事は”しっかりと噛みしめる事が出来る”ことに繋がる。埋めるボルトも当然、アゴ骨まで突き刺すので、使用感は正に普通の歯そのものである。また見栄えも非常に綺麗である。


●インプラントの欠点
 インプラントに問題があるとすれば、小さいとはいえ切開する手術扱い。埋める人の体調や条件によって難易度が変わる。そして、一番の問題は保険適応外で高額な事だろう(条件によっては適応されるが、ほぼ適応外と言ってよい)

 手術扱いなので必ず麻酔を使う。歯茎(肉)の厚さ、アゴ骨の骨密度などもボルトが立てられるかどうかの重要な条件になる。更に上の歯だと鼻に干渉するので鼻炎などがある場合は完治させる必要がある。

 またボルトを埋めてからアゴに定着させる時間を要するので、完全に歯が完成するまで約半年という長期戦になる。


●一回目の手術終了
 私は既に3日連続で通って、他の小さい虫歯を治療後にインプラントの1回目の手術を終えた。手術中は顔に青い布を被せられて、見えるのは歯の部分だけになった。

 口を開け続けるので非常に辛い。麻酔が効いて抜歯、埋め込みなどの時間は約1時間ほどだと思う。事前に誓約書を書かされたり、麻酔の下準備があったので合計では1時間半ぐらいになる。

 麻酔が効いていたので痛みは最小限だけだ。糸で傷口を縫い合わせてあるので後日、抜歯が必要になる。出術後の痛みも無理矢理、自分で乳歯をヘシ折った程度のものだった。

 術後は万能薬ロキソンニンなどの抗生物質で傷口の炎症を抑え、痛みを感じたら鎮痛剤を服用する。サンスターのデンタルなうがい薬を貰って、なるべく清潔にして下さい。だそうな・・・。あと頬杖付いたり、上から押さえたりは厳禁だ。上の歯だった場合は迂闊に上唇や鼻を触れない。

インプラント術後1回目


●CTで状態検診

 インプラント前と後にCTスキャンされて、3Dの立体モデルで自分のアゴ周りの骨を見せられた。アゴ下の神経、歯の状態、埋めたボルトの状態などを見せられた。

 私の場合は本当に「要らない乳歯を抜歯して、ボルトを埋めるだけ」で済んだ。肉厚の足りない人だったら深くボルトを埋める必要があるのだが、そうなると今度は下アゴや上アゴの奥にある神経に触れそうになる。

 言うまでも無いがアゴに走ってる神経を傷つけると唇に一生麻痺が残る。場合によっては神経を避ける様にして裏側にボルトを埋めたりもするらしい。そうなると難易度が上がりインプラントのリスクがやや高くなる。


●今後
 今後はゴールデンウイーク明けに抜歯して、ボルト定着に早くて2~3か月かかる。何もしない方が一番いいのらしく、夏まで歯が無い状態で過ごすハメになった。(部分入れ歯を入れるとインプラントを埋めた箇所を痛める)

 ちなみに1回目の手術で既に25万ほど取られた。相談の際にCT撮ったりするだけでも5000円とか消えます。1本歯が立ち終わるまで総額で52万ほどになる。明らかにボッタくられてそうだが、今後の為に我慢する。

 そもそも、他でインプラントするとなると”また1からCTとか取られて金がかかる” ちなみに保険が適応されるであろう条件は病院クラス(ベッド数20)でかつ、事故などでアゴ骨と歯を喪失した場合とかになる。

 私みたいな一般ケースだとまず適応は無理だろう。増税分は社会保障に使う(笑) 一方、政府は欠陥品の子宮頸がんワクチンや鳥インフルエンザワクチンに血税を使いましたとさ・・・。(米とかの製薬会社から)
関連記事

category: 健康

thread: 日記

janre: 日記

tag: 日記  レビュー 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://haihat.blog.fc2.com/tb.php/1620-76bc7171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

FC2カウンター

カテゴリ

相互RSS

リンク

ランキング

アクセスランキング

Amazon広告

RSSリンクの表示

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。