哀と憂鬱だけが友達 ホーム » 健康 »【歯科】インプラント抜糸後

【歯科】インプラント抜糸後  

 GWが終わってインプラント治療した所の縫合を抜糸しに行きました。1週間ほどで傷口は安定して痛みも小さくなったのですが、縫合された糸がほどけかかって気持ち悪かった。

●インプラント痕のケア
 医者の話を聞いたところ、インプラントのボルトを埋めるために切った歯茎が完治するまで次の段階に行けないらしい。

 そして、一番の問題はボルトを埋めた箇所とそれに隣り合う歯の側面との事です。傷口に菌が入り化膿とかしたら埋めたボルトが台無しになるとか聞きました。

 隣り合う歯の側面や傷痕は柔らかいブラシで優しく磨くように言われました。現在は傷痕に薄皮が張っている程度の状態になっています。

インプラント2

●異物とiPS細胞
 ボルトは結局のところ、人間からすると異物以外の何物でもない。従って状態が悪化した場合に体が拒否反応を出してボルトの定着に失敗するらしい。

 何故、あれだけiPS細胞が注目されるかというとボルトの様な異物を代理として入れる事がないからです。更に言うと実用化までの時間とコストも問題です。

 インプラント治療で1からでも根がある人工の歯を立てられると言っても、今は保険適応が困難で治療費が高くつくのが最大の難点になる。そうなると培養細胞で移植とか気が遠くなる。
関連記事

category: 健康

thread: 日記

janre: 日記

tag: 日記  レビュー 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://haihat.blog.fc2.com/tb.php/1629-1c874726
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

FC2カウンター

カテゴリ

相互RSS

リンク

ランキング

アクセスランキング

Amazon広告

RSSリンクの表示

▲ Pagetop