哀と憂鬱だけが友達 ホーム » スポンサー広告 » コラム・レビュー »スマホゲームとP2W、課金の実態

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

スマホゲームとP2W、課金の実態  

 最近、私は『pay to win』という言葉を知りました。略称としては『P2W』と呼ぶらしいです。意味は課金すると勝てるという内容を示します。この問題の一部は[著:鈴木みそ]ナナのリテラシー2巻でも取り上げられています。

●基本無料の誘惑
 P2Wが最も目に付くのは何と言ってもスマホゲーやブラウザゲーです。基本無料と言うのが既にお約束みたいになっていますね。私もブラウザゲームならDMMの物をいくつかプレイしています。

 ガラケーなのでスマホゲーは出来ませんが、DMMのブラウザゲーが似ていると思います。ゲーム名で具体例を挙げると『ロードオブワルキューレ』が相応しいでしょう。

●P2Wお得意のコンボ
 P2Wで定番すぎる形としては『レアが強い』『有料ガチャに収録』『ランキングや対人戦、フレンド機能で煽る』とここまでがお約束でしょう。形はどうあれ大体がこの法則に従っていると思います。有名なパズドラ、モンストも間違いなくこのパターンでしょう。

 炎上しましたが、コンプリートガチャで報酬を保証されるのはマシな方です。(ただし、狙うと無謀)実際には出現率が小数点以下の最高レアで課金を煽って泥沼という外道な商売ですからね。なお、新しいボックスガチャという詐欺に近い商法が登場しています。

●ゲームの境界がなくなる
 海外ではP2Wは嫌われている様です。そもそも、こんな客を舐めた商法は日本だから成り立つと思われます。多くの敵を作りそうですが、早い話が『客の多くが馬鹿なんですよ』

 そして、この手法を採用しているゲームでは次の様な事が起こります。●●円で××出したぜ!レアを並べて見せびらかし等、既にゲームの自慢ではなく”どれだけ無駄遣いしたかの自慢へと姿を変えるのです。

 これは何もスマホゲーやブラウザゲーに限らず、有料DLCで強力なアイテム等を入手できても同じだと思います。個人的にはファイアエムブレム覚醒のDLCには失望しました。ポケモンですら映画の前売り券に付く『色違いのスイクン』(絶対零度を覚えている)などありました。

●これからも広がるスマホゲー?
 ゲーム雑誌にスマホゲーやDMMのブラウザゲーが載るようになってきました。ヘビーユーザー向けよりもカジュアル向けへ移行が進んでいる様です。

 P2Wの方式は未だに根強く、恐らく消える事は無いでしょう。子供が気付かないうちに~万円も課金してしまう問題もよく聞きます。運営側としても自主規制の形でオンライン協会を設立し、ガイドライン化までされています。しかし、未だに一部のゲームでは悪徳商法スレスレが見られます。

 しかし、私はこの業界は長くはないと考えています。何故なら一昔前のMMORPGと同じだからです。基本無料でアイテム課金の流れがそのままです。むしろ、基本無料のMMORPGが縮んだのがスマホゲー等なのでしょう。なお、現在のオンラインゲームの市場はお察しください。

 課金する前には必ず一呼吸おいてください。
関連記事

category: コラム・レビュー

thread: 日記

janre: 日記

tag: 日記  レビュー 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://haihat.blog.fc2.com/tb.php/1672-be9890a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

FC2カウンター

カテゴリ

相互RSS

リンク

ランキング

アクセスランキング

Amazon広告

RSSリンクの表示

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。