哀と憂鬱だけが友達 ホーム » スポンサー広告 » コラム・レビュー »ゴムカバーのベトベトを取る方法

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ゴムカバーのベトベトを取る方法  

 昔に買った3DS用のゴムカバー(シリコンカバー)がベトベトになってきました。よくスマートフォンのカバーでもプラスチック製とゴム製の物があります。こういうゴム類は使っているとベトベトになってきませんか?

3DSシリコンカバー
※こんなタイプのカバーの事です

●共和ゴム株式会社-ブログ-
http://www.kyowa-r.com/blog/2011/04/post-14.html

●ブリード現象
 どうやらこのゴムがベトベトになるのはブリード現象と呼ばれるものらしいです。ブリード現象が起こる主な要因はSP値(溶解)の違うゴムを混ぜる事で起こります。また経年劣化や日光の紫外線などでも発生するらしいです。どんなに品質が良くてもゴム成型品のブリード現象は避けられない。

 このブリード現象はゴム製品に混ざっている成分が油としてにじみ出る事です。発生源がゴム製品自体なので、ベトベトを綺麗に拭き取っても再びブリード現象を起こします。粗悪な商品ほどブリード現象を起こしやすいです。(廃棄されたゴムを再利用で混ぜたタイヤなど)

●移行性
 ゴム成型品がベトベトになるだけならマシです。ゴム製品は多くの場合、取っ手などの一部に使われています。そうすると関係のない部分にまでベトベトが移ります。これを『移行性』と呼ぶらしいです。

 ブリード現象で出た油がゴムカバーで覆っていたゲーム機やスマートフォン本体に染み込みます。ゴムカバーの様な脱着できる物はブリード現象が起こったら取り外しましょう。本体に油が付いてしまいます。


●解決方法
1、ゴム製品の寿命だと思って買い替える
2、ブリード現象で起こった油を除去して使う


 個人的には1番がお勧めです。特にカバーなどの替えが効く場合は買い替えましょう。しかし、本体の一部で取り外せない場合などがあると思います。

 2番の油の除去には『台所用洗剤』と『無水エタノール』を使います。取り外したゴムカバー等は『台所用洗剤』で丸洗いして油を取り除きます。またスマートフォン等の機械製品の油を取り除くには『無水エタノール』を使います。


●無水エタノール
 『無水エタノール』が良いのは直ぐに蒸発するので、機械製品に浸透してもダメージが少ない為です。またトレーディングカードなどを綺麗にするのにも使えます(キラカードを水分で拭くと、紙が吸い取り反りの原因になる)

 基本的に『無水エタノール』は水で拭けない個所に最適です。入手方法はドラッグストアの消毒液売り場に並んでいます。必ず”無水”の物を選んでください。無水エタノールの欠点は”値段が高い”ことです。500mlのビンで1300円ぐらいします。火気厳禁、フタを開けっ放しにすると直ぐに蒸発します。
関連記事

category: コラム・レビュー

thread: 日記

janre: 日記

tag: 日記 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://haihat.blog.fc2.com/tb.php/4204-b63ef645
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

FC2カウンター

カテゴリ

相互RSS

リンク

ランキング

アクセスランキング

Amazon広告

RSSリンクの表示

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。