哀と憂鬱だけが友達 ホーム » ゲーム関係 »FEifのDLC第一弾が配信、作品の悪化原因を探れ

FEifのDLC第一弾が配信、作品の悪化原因を探れ  

 ファイアーエムブレムifのDLC第一弾が配信されました。合わせて公式サイトでは8月上旬までの配信スケジュールも発表されています。


dlc_if

7月23日配信
・覚醒との邂逅【無料】
内容:マルスとクロムの特殊兵種のアイテムを獲得(1回のみ)

・楽園争奪戦【300円】
内容:ROMぶっこ抜き画像で流出した王族の水着イラスト

・恐怖の霊山【300円】
内容:経験値マップ、暗夜でも稼げる仕様です


7月30日配信
・決闘の博物館【300円】
内容:武器回収マップ

・遺跡の財宝【300円】
内容:ゴールド回収マップ


8月6日配信
・王族最強戦【300円】
内容:ルート購入特典の魔戦士とダークペガサスになれるアイテムを獲得


8月20日配信
・見えざる史実 前篇/後編【500円】
内容:本編の始まる前に関するストーリー、覚醒コピペキャラとifの繋がり


●悪化するFE
 DLC(ダウンロードコンテンツ)自体を批判する訳じゃないけど、この内容の薄さで売ろうとしている辺りがヤバい。むしろ、覚醒の時より内容が露骨になった上に悪化すらしていないか? 恐らく一番売れたコンテンツを先にブッ込んだモノだと思える。

 特に経験値マップとか暗夜王国のコンセプトが一気に崩壊しますよね? 本編で稼げないと縛ったのはどうなりましたか? 3ルート配信といい、作品クォリティを落とす原因にしかなっていない。一昔前なら周回ボーナスぐらいのオマケ要素が300円って・・・。

●戦犯は山上仁志氏(任天堂プロデューサー)
 アンチ化した人はこの怒りをどこに向ければいいのか迷っていませんか? 実はその答えはFEifの社長が訊くにあります。該当部分は4.「単純な敵・味方の関係ではない」の上段部分です。分割商法を提案したのは任天堂プロデューサーの山上仁志氏です。

 覚醒路線の戦犯はディレクター前田耕氏(インテリジェントシステムズ)です。ただ分割商法や売り方を指示したのは上記の通り、任天堂の意向の可能性が高いです。ちなみにストーリーは樹林伸氏と外注に投げた雑さです。

>山上
>しかもパッケージを2本にすれば、
>買う前から「どっちがいいかな?」と悩んで、
>選ぶことの楽しさも味わえるようになると思ったんです。
>そこで「僕はそういうことがやりたいんだけど!」と
>前田さんに熱く語ったら(以下省略)


任天堂FEif 社長が訊く4.「単純な敵・味方の関係ではない」
http://www.nintendo.co.jp/3ds/interview/bfwj/vol1/index4.html

 思い返せば『Newマリオブラザーズ2』、『マリオゴルフ ワールドツアー』などの作品にも積極的にDLC展開していました。岩田社長が健在な時でこれですから、既に任天堂も末期と見るべきか? まさかDLC無しがソフトの長所になる時代が訪れるとは思ってもみなかった。

 こんなクソDLCでも一部では好評な様です。前作の様にDLCだけで3億越えは無理でも、それなりの利益は上げてしまうでしょう。そして、利益が出るので続編でも変更と反省は無しという未来までは見えました。


●シナリオ関連の戦犯
zinte1
北島行徳
‏@y_kitajima
ファイアーエムブレムif 白夜王国 / 暗夜王国の支援会話も私とジンテーゼのスタッフで執筆しました。

https://twitter.com/y_kitajima/status/620842922351575040


zinte2
北島行徳
‏@y_kitajima
ファイアーエムブレムif インビジブルキングダムのメインシナリオを執筆しました。ダウンロードでプレーできる第3のシナリオです。

https://twitter.com/y_kitajima/status/620842014154686464

・株式会社ジンテーゼ公式HP
http://synthese.jp/

 ストーリーと支援会話に外注のシナリオ業者が絡んでいました。雑談支援の原因はテキストを書く人間を統率しきれていないからだと思われます。FEifでマシになった部分もあるとの意見もありますが、依然として雑談傾向は見られます。

 恐らく結婚システムの為、相関図がないキャラにも支援を入れる悪影響だと思われます。大筋のストーリーにしても樹林伸氏からの引継ぎが上手くできていなかったのでしょう。社長が訊くを見ても分かる通り、樹林伸氏を神格化しているので意見交換はロクにしてなさそうです。

 FEの良さよりもウケた要素を手当たり次第に入れた闇鍋と言うのがピッタリだろう。この状態で3ルートでif!はハードルが高過ぎたのでしょう。
関連記事

category: ゲーム関係

thread: ゲーム

janre: ゲーム

tag: 日記  ゲーム  レビュー  ファイアーエムブレム  ダウンロードコンテンツ  任天堂 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://haihat.blog.fc2.com/tb.php/4210-0b310f7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

FC2カウンター

カテゴリ

相互RSS

リンク

ランキング

アクセスランキング

Amazon広告

RSSリンクの表示

▲ Pagetop