哀と憂鬱だけが友達 ホーム » スポンサー広告 » パソコン関係 »【お悩み】パソコンに死を呼ぶ青い画面

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

【お悩み】パソコンに死を呼ぶ青い画面  

 昨日、自作パソコンがブッ壊れました。症状はWindows8.1(OS)自体が起動できないという致命的なものです。他人事と思わず読んでください。


●死のブルースクリーン
 昔のWindowsOSはよくエラーを起こしてブルースクリーンを出しました。しかし、近年のWindows(XP辺りから?)は劇的にブルースクリーンは減りました。早い話がOSの完成度が上がり、安定してきたという事です。つまり、新しいOSを使ってもブルースクリーンが出ると言う事は致命的な”ナニカ”がある事になります。

 ブルースクリーンが表示されたら数秒で再起動されてしまいます。一応、Windowsフォルダ内にある『MEMORY.DMP』を見ればエラーメッセージを再確認できます。なお、MEMORY.DMPの中身を見るためにはWindows用のデバッグツールが必要です。このMEMORY.DMPファイル自体は単に障害情報を集めた物なので削除しても構いません(ディスクのクリーンアップ時にも選択されます)

Windows 用デバッグ ツールのダウンロードとインストール
http://msdn.microsoft.com/ja-JP/windows/hardware/gg463009/


●原因のavast!
 恐らく原因は無料アンチウィルスソフトのavast!だと推測されます。ウィルススキャン時にフリーズや起動が不安定になる。avast!のインストール場所を移そうとアンインストールした後に起動不能になった。再セットアップ後にavast!をインストールしようとしたらブルースクリーンが発生した。

 ブルースクリーンが発生したり、再起動がかかるのはWindowsOS機能です。特に再起動が突然かかる挙動はアプリケーションのエラーに多いと言われています。avast!の~.sys(システムファイル)がブルースクリーンのエラーコード後に記述された時もありました。今までは安定していたのでアップデートによるシステムファイル破損などだと思います。

 再インストール後はウィルス対策はavast!からAviraに乗り換えました。一応、フリーバージョンでもファイアーウォール付です。対等しているソフトはAVGらしく、私はWindows98~XP時代に使っていました。なおavast!はすこぶる評判が悪かったです。


●復旧(OS再インストール)
 私の使っているのは自作PCなので、メーカー品の様なリカバリーディスクがありません。Cドライブとシステム予約分のドライブをフォーマット(初期化)してOSの再インストールしました。久しぶりにやるとBIOS画面からCD立ち上げを忘れているほどでした。

 マザーボードに依存して方法は異なりますが、大抵はBIOS画面でTABキー→F8でドライブ画面に行きCDドライブ選択をすると思います。DVDを読み込みますか?『Press any key to boot from CD...』と表示されるので素早く何かのキーを押します。タイミングを逃すと『HDDやSSDにデータ入ってないぞ!』と警告文が出て最初からやり直しでした。

 リカバリーディスクやOSの起動DVDなら、ドライブに入れておくだけでBIOS画面から勝手に読み込んでくれる場合もあります。どうしても上手く読み込めない場合は、上記の様に自分で指定して読み込みさせる必要がある。


●便利な2つ目のOS
 古いHDDには過去に使っていたWindowsXPがそのまま残っています。普段は役に立たないゴミファイルも同然ですが、パソコンの中身を開いてATAケーブルを1番のプライマリーに差し替えるとWindowsXPで起動します。この様に一台のパソコンに2つのOSを入れる事も可能です。

 純粋なデュアルブートの場合は起動時にOSを選択する事が出来ます。メインOSがシステムファイル欠損で動かなくてもサブOSで動かせることが多い。その結果、Cドライブに入っているファイルを救出する事が出来たりもします。

 ちなみにKNOPPIXというCD単体で起動するOSも存在します。このOSはLinux系列で作られたOSです。ただ既に日本語版は開発が中止になったみたいです。データの救出を確実に行いたいならHDD等の記憶媒体を取り外して別のパソコンで読み取らせることをお勧めします。


●お勧めのディスク構成
 個人的に推奨する構成は『Cドライブ:SSD-150GB』、『Dドライブ:SSD-150GB』、『Eドライブ以下:HDD-500GB』の三段構成です。私はSSDを1つしか持っていないのでCとDが一緒になっています。

 過去に紹介した通り、HDDをSSDに変えると劇的に早くなります。OSを使うCドライブをSSDにすると起動までが早くなるので体感しやすいです。CドライブはOSの更新データや復元ポイントで容量が増え続けます。故にデータ容量が減ることはほぼありません。Cドライブは150GB程のSSD1個を丸ごと使ってしまうのが理想です。

 Steam等の高スペックゲームをプレイする場合は、Dドライブ以降の1つをSSDにしてインストールする事をお勧めします。MOD入りのskyrimやF1-2013をプレイするにはSSDでなければ話にならない(HDDだとロードが長過ぎる)
関連記事

category: パソコン関係

thread: 自作パソコン

janre: コンピュータ

tag: 日記  ゲーム  パソコン  自作  Windows  avast!  OS  お悩み 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://haihat.blog.fc2.com/tb.php/4213-21f2f7ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

FC2カウンター

カテゴリ

相互RSS

リンク

ランキング

アクセスランキング

Amazon広告

RSSリンクの表示

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。