哀と憂鬱だけが友達 ホーム » スポンサー広告 » ペット関連 »ウーパールーパー死亡からの反省点

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ウーパールーパー死亡からの反省点  

 先日、ウーパールーパーが体調不良の為にお亡くなりになりました。生きている様な姿で死んだので分かりませんでした。死後硬直で口が開いたので箸で触り反応を見たら死んでいた。


●死因
 死因は間違いなくエサの与え過ぎだと思われます。エサのアカムシを塊で食うから、胃で消化しきれずに内臓から不調になる。ウーパールーパーが完全にひっくり返ると手遅れと呼ばれています。この情報は正しかったです。

 メダカと大差がないぐらいに小さい癖に、自分の頭の3分の1ぐらいの塊を食う。食欲に歯止めが効かないのに与え続けたのが間違いでした。食欲がなくなってからでは対処が遅すぎた。後は食べ残しによる水質汚染がトドメになった可能性があります。

 エサのアカムシを目の前で動かすと凄まじい量を食べました。今思えばあの時にストップをかけておけばよかったです。


●反省点
1、ウパは視力が悪いかわりに嗅覚が効きます

 アカムシを水槽に放り込むだけでも臭いで気配を感じました。4,5cm程度のチビウパでも底に隠れたエサを臭いで見つけます。嗅覚でエサの位置を大体予想してついばむ様にして探します。食い付きの悪いタブレット型のエサでも、飢餓状態だと自力で食べようとする。

2、水槽はベアタンクにしてフンを処理する

 ウパは肉食のため、フンが水質を凄く汚します。フンは黒い塊の様な物で、割り箸などでつまもうとすると崩れます。敷石などを底に設置しないベアタンク、フンを目視してポンプで水ごと吸い出します。フンの確認はエサを消化したかの確認にもなります。死んだウパもフンをしていたが、消化が追い付かなかったみたい。

3、換水とエサやりを交互にする

 食べたエサの量を完全に把握するのは難しいので、やや飢餓気味になる様にします。エサ→5分の1換水→エサ→の様にエサやりは1日ごとにします。食べ残しやフンの除去を徹底する。エサが休みの日には水槽の水を一部換水する。他の人の記録を見ると毎日与える必要はないとあった。成体だと3日に1度とかでも平気だそうです。


●二代目はゴールデン
 1匹目のウパが死んでから少しして、同じ所で再びウパを買ってきました。今度のウパは色はゴールデン、体長は6、7cmほどあり初代よりも大きいです。体格的にはタブレット型のエサも食べてくれそうな感じです。光が当たると輝くので綺麗です。ただ白目なので視力が弱い(育成難度が上がる)

 初代の死を無駄にしない為に反省点を踏まえて育てたいです。個体としては大きいのでそれなりに丈夫だとは思われます。まさか先に書いた日記の通りになってしまうとは悲しい。問題点は猛暑でファン装備でも水温が25度を超え始めたところです。今度は保冷剤を突っ込むのはやめておこう。

 視力が悪いせいか、排水用ポンプを突っ込んでも気にしていない様子でした。
関連記事

category: ペット関連

thread: 日記

janre: 日記

tag: 日記  ペット  ウーパールーパー 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://haihat.blog.fc2.com/tb.php/4215-ced816ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

FC2カウンター

カテゴリ

相互RSS

リンク

ランキング

アクセスランキング

Amazon広告

RSSリンクの表示

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。