哀と憂鬱だけが友達 ホーム » オレカバトル »何故、オレカバトルはオワコンになってしまったのか

何故、オレカバトルはオワコンになってしまったのか  

 最近、オレカバトルに勢いがないと思い始めました。今年の夏に公式HPでアンケート実施したりと迷走しているみたいです。自分自身もかなり熱が冷めて客観的に見れるようになってきたので問題点などを列挙してみたいです。夏の限定竜を取り逃しても何とも思わなかったです。昔はそれ目的でWHFに足を運んだほどだったのに・・・。

このあらいをネタ

●ピーク時
 オレカバトルの人気ピークは体感では1章~7章辺りだと思います。つまりは新(笑)が始まる前までになります。コロコロの記事にもアーケード台数増加!等と大きく出ていたり、販促や攻略情報で大いに沸いた時期でしょう。更に期間限定モンスターでの煽りも大きいと思います。

 特に急激に伸びたのは1章~2章辺りで海~砂漠(具体的には2012年6月~2013年12月頃)になる。確かこの頃に攻略パターンが確立し、山浦聡先生の漫画が登場しました。コロコロの早売りで新弾の開放をフライング出来た時代でもあります。今ではオンライン接続のタイマーで決まった日まで解禁できないようになっています。

 そして現在のオレカバトルは稼働から3年目と半年ぐらいになります。キッズゲームの寿命は丁度2~3年、ドラゴンクエストバトルロードは2年で幕を引いたけど理想だったとも言える。


●問題点
1:ゲーム仕様が判りにくい
2:水増しモンスターの量が多い
3:ボスが高HPなだけのサンドバック
4:何枚も同じカードを印刷する必要がある
5:過剰なレアアイテムでの煽り
6:勘違いして難易度を引き上げる
7:公式のオンライン大会が凄くつまらない
8:システムが変わり映えしない
9:カードイラストのレイアウトが雑


使ってクランさい


1:ゲーム仕様が判りにくい
 オレカバトルは相変わらず新規プレイヤーに不親切極まりないゲームです。バトル方法が単にスロットを回して敵を狙うだけだから”プレイだけ”なら初見でも出来ます。しかし、プレイヤーがそれ以上にゲームをやり込もうとすると情報が足りないで路頭に迷う。それを補う為に攻略本を出したりタイアップしたのでしょうが、それありきでは問題外です。

 基本的に子供向けなので直感的に遊びの幅が広がる必要性がある。カード排出系のゲームが優れているのは入手したカード=ゲームの遊びに繋がるからです。ルールが難しくなる場合にはカード裏面に説明書きがされているパターンも多い。またトレードという楽しみ方もあります。


2:水増しモンスターの量が多い
 これは主に新編になってからの問題です。単に少し変えただけの水増しモンスターが増え過ぎました。★3のモンスターが★4になるというパターンが多く、また信者がこれを喜んだ。開発としても労力が最小限で済むので利害が一致してしまった。

 その結果、新弾が稼働しても見覚えのあるコピペモンスターだらけで何のワクワクもしなくなった。新モンスターにしても正統派を出しとけば良い物をキワモノ狙いをする。好きな人には悪いけどニラーハラーとかボスの見た目じゃないでしょ・・・。


3:ボスが高HPなだけのサンドバック
 これも稼働初期から何度も言っている。単なる”こうげき”のモーションが長過ぎるモンスターが多かったり、長期戦になる様なボスは止めるべきだと思います。これはプレイしている方も長期戦でダレるし、プレイ時間はインカムにも影響する。

 限定竜たちは流石にクラス制限もある為かHPが低めらしいです。そんな感じに抑えとけば良いのに、どれも高HPで似た様な戦闘ばかりになりがちです。変わり映えしないボス戦とか盛り上がらないしつまらないし、達成感が無い。


4:何枚も同じカードを印刷する必要がある
 これも稼働初期からの問題点。カード排出系は100円でコレクションが増えるのに対して、オレカの仕様は同じカードを何枚も貯まる仕様です。キャラクターコレクションという観点ではかなり致命的な欠点にも思えます。

 これはゲームの作りとして仕方がない面もある。それなら同じカードの枚数、つまりはプレイ回数分だけ付加価値が付くゲーム仕様にするべきだ。昔だと無理だろうけど、今は記録のカギで個人情報を管理できる。100円でアカウント作成は逆に大きな強みでもある(他のゲームで使う記録用ICカードは1枚500円ほど)


5:過剰なレアアイテムでの煽り

 これも既に1~2章から危惧していた点です。ボスにレアアイテムを持たせて、更にそのボスの出現がランダム。挙句の果てにはランダムでしか出ない様なレアモンスターまで作る始末。

 ランダムにランダムを重ねるなと忠告しました。一番酷かったのは4章前後でしょうか? ただ後発のレアモンスターは条件で確定出現になるなど緩和されました。出現モンスターの枠数増加なども間接的にボス遭遇対策になります。


6:勘違いして難易度を引き上げる
 決定的だったのは天界竜バハムートでしょうか? 地域限定、勝者のみ、反射ギミックと悪い部分だけを重ねてクソモンスターの完成だと思いましたね。何度も言いますけど子供用のゲームですよ? そもそも、勝者のみ入手というのは全国筐体での話であり、誰が地域イベント限定でやれと言った。

 更に限定モンスターの類の多くは出し惜しみばかりです。そんな事もあって夏に幻定竜を一気に開放!+公式アンケートは最後通告か?!と思えた。通常ボスの一部として勝者のみカード化、イベント地域は参加者全員とかが普通でしょ。何で悪い方に条件を重ねるかなぁ・・・。


7:公式のオンライン大会が凄くつまらない
 オンライン対戦はオレ最強決定戦の事です。これも第一回から言っているのですが、凄くつまらないしメリットが無い。真魔王のカードだけで持っているイベントですよ。ポケとるは更に酷いですが、ランキング競争+報酬+廃プレイヤー勝利という最悪のイベントです。オレカの場合は既に廃プレイヤーすら呆れている。

 オレカバトルのゲームバランスが酷過ぎて対人戦として形を成せないのも大きな問題です。折角の通信機能とサーバー代も無駄になって経費の圧迫でしかない。基本的にプレイヤー(客)への対応がずさん過ぎる、


8:システムが変わり映えしない
 これも前々から言っている点です。モンスターが持つ基礎パラメータが少な過ぎて差別化に限界が来ている。リール技で差別化するも理解するのがより困難になっていく一方です。サンドバックのボス戦と合わせて大改革するべきでしょう。


9:カードイラストのレイアウトが雑
 4章辺りで酷かったのが、カードイラストのレイアウトが酷過ぎる。具体例はキャラクター全体をカードに収めようとし過ぎて肝心の顔が小さくなる等です。もっとイラストや3Dモデルを大切に扱ってほしい。


●解決策
 1番は公式ホームページで攻略やモンスターなどの有益な情報を公開する。最近のキッズゲー公式なんて稼働日にカードリストと詳細を全公開しているぐらいですよ? 雑談だけで何の役にも立たないオレカ野郎の動画は潰してよし! コロコロとの契約?主導権はあくまでコナミだからそこは押し通せ!

 営業を小学館に投げ過ぎなんですよ。子供用なんだから下手に出し惜しみし過ぎても意味が無い。筐体のヒントもパンドラのボイスだけでなくイラストを使った視覚的な物を増やす。?で隠すなヒントの意味ない。初心者が遊びやすい様に本気になれ、リール技の詳細は全て公式ページに出しても足りないぐらい。

 2番はせめてテクスチャの配色は変えろ。アズールの★3と★4で髪型変わる変化ぐらいでもいい。ともかく一目でキャラの違いが判るレベルの差別化をしてほしい。折角の新規イラストと新規モーションが台無しなんですよ。最近はマシになりつつありそうだが、遅いよ。

 3番は高HPを止めましょう。ただし、ボスリールを3~4ターンで最強レベルにする。この際、NPCのボス行動はランダムを廃止して完全制御して攻略の再現性を高めた方が良い。既定のターンのみ攻撃してこないとか、リーダーを狙うとか、一部の攻撃に弱い等

 4番はドラゴンコレクションの様に何枚か集めてスキャンするとレアアイテムやレアモンスターと交換できる様にする等。記録のカギを使えば個人情報を管理できるので、一度読ませたカードをデータベース化も出来るはずです。入手パターンが多ければ、情報がなくとも必然的に新モンスターの入手に繋がる。

 5番は4番で解消、オレコマンドや確定条件でバラマキをしているので現状のまま何とかなりそうです。何かしらの報酬に絡めて入手機会を増やすべきだとは思います。使用モンスター+アイテムは記録のカギで一括管理、確率変動などの裏操作による課金額に応じた優遇をする。※具体例:5回ボスと戦ったら6回目でレアドロップ確定など

 6番は地域イベントのボスは性能を控える。それこそ全員に持って帰ってもらえるぐらいに調整する。筐体にボスモードを新設して、やや難しい難易度でやる場合などに勝者のみ入手を設定する。※容易に繰り返しチャレンジできる環境

 7番は競争イベントは止める。モンスターバランスがガタガタなオレカバトルでやるのは不毛過ぎる。期間内に超高HPのレイドボスを皆で協力して倒す等の協力型に変更する。参加報酬や貢献度によってレアアイテムを配布する。限定カードなどは従来通りの参加賞。

 8番、どこかのタイミングで大幅リニューアル、すべてのモンスター性能の見直し等を行う。コスト制などでバランス調整が理想だが、子供からすると出来ない事が増えるだけになるので避ける。コマンドリールの他に防御コマンドやEX技の相殺などプレイヤーが関与できる箇所を増やす。

 9番、カードイラストを印刷する際にイラストの拡大率をプレイヤー側で決めさせる。またオトカドールの様に3Dモデルをカメラ撮影してカード化出来るようにする。


●あとがき
 ざっと思い付いたのがこれぐらいです。本当は新編になった辺りで危機感を持つべきでしたけど遅過ぎです。オレカバトルの筐体はWindowsXPらしいので、どちらにせよ大幅改修が必要なるタイミングが来る。これはドラゴンボールヒーローズやらも同じだと思われます。

 その時に切り捨てサービス終了をせずに生き残れるかが問題です。どうしてもオレカバトルを続けたい人はコナミの株を買ってモノを言う株主になりましょう。経営判断でバッサリされてもおかしくないと個人的には思っています。サーバー維持って馬鹿にならんとですよ。

 ドラゴンクエストがバトルロードの様なアーケードを来年に稼働させます。恐らくジャイロゼッターで残した赤字を回収する為、より厳しい戦いになるでしょう。モンスターハンタースピリッツも筐体が新しいので化ける可能性は十分にある。ドラコレやオトカ出してる余裕は無いです。
関連記事

category: オレカバトル

thread: ゲーム

janre: ゲーム

tag: 日記  ゲーム  レビュー  オレカバトル 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://haihat.blog.fc2.com/tb.php/4284-a8ced5b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

FC2カウンター

カテゴリ

相互RSS

リンク

ランキング

アクセスランキング

Amazon広告

RSSリンクの表示

▲ Pagetop