哀と憂鬱だけが友達 ホーム » スポンサー広告 » パソコン関係 »インターネット詐欺に関する予備知識

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

インターネット詐欺に関する予備知識  

 今日、テレビ番組ハンゲキ!でインターネット通販詐欺の事を取り上げていました。フジテレビ系列という事もあり、何となくやらせ感が漂う(あるある大事典、ほこ×たて と前科が多過ぎる)

インターネット被害
 番組のうさん臭さを差し引いてもインターネットに関する被害は多い。国勢調査でも偽サイトが出た事をご存じだろうか? しかし、この1件は製作者が警告の意味で作った何の意味もない偽サイトだった。日本のサイバーセキリティはや法律はガバガバと言っても過言ではない。

 ダウンロード違法化(刑罰化)も外部に一時キャッシュはどうすんだ!と指摘されて気付く酷さだ。法律を作る人間のどれだけがネット社会に対応できているのか怪しい。検索サイト等はあくまで機械的に精査しているだけで、検索上位にあるから信頼性が高いとは限らない。そもそも、SEO対策と言って検索向けの対策もある。

 
●最近の手口
 最近耳にして面白いのはポップアップ広告などで『コンピュータの速度が低下しています!●●をインストールしましょう!』や実際の音声で『ウィルスに感染しました~』などと脅すタイプがある。中にはブラウザジャッカーと言ってインターネットブラウザを書き換えるモノもある(有名なのは中国のHao123)

 特にポップアップ広告はかなりウザく勝手に音楽まで流すモノもある。ポップアップ広告の開発者が謝罪するなんてニュースがあったぐらいだ。恐らくまともな使われ方はしていなのではないだろうか?

 実際にウィルスに感染したら何も変化はありません。そもそも、愉快犯のウィルスでもない限り、裏でコッソリ不審なプログラムが走る。ルーターやWindowsのファイアウォール等の設定をちゃんとしておけば大抵の物は弾きます(自分でアクセス許可を出さない限り)


●店舗で買いましょう
 一番良いのは小売店などで現物を見て買い物する事です。実はAmazonの掲げる戦略の1つとして日本の小売店の圧殺があります。過去に送料無料などのダンピング紛いで殺しにかかったのもその証拠です。

 実際に日本の店舗で買い物をするのが消費者として望ましいと私は思います。骨董品レベルの絶版モノとかだとその限りではありませんけどね。追記しておくとAmazonでも個人販売の物はオークション同様に注意した方が良いです。




ポップアップ広告の開発者が謝罪--「最も嫌われているツール」
Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ) 2014/08/18 13:58

http://japan.cnet.com/marketers/news/35052472/

 インターネットユーザーから邪魔者扱いされているタイプの広告を開発した男性が、そうした広告を開発したことを謝罪している。

 嫌われ者のポップアップ広告は、すべてのウェブ利用者にとって邪魔で迷惑な存在だが、これをコード化したのがEthan Zuckerman氏だ。同氏は、ウェブホスティングサービスを手がけるTripodのプログラマーだった1990年代半ば、ポップアップ広告の開発に取り組んでいた。米国時間8月14日付のThe Atlanticに掲載されたコラムで、同氏は、こうした広告形態を作り出したことに対して、少なくともある程度の責任を取り、その経緯を説明しようとしている。

 ポップアップ広告は、大半のウェブサーファーから嫌われているかもしれないが、われわれが毎日利用しているインターネットコンテンツに対して誰が支払いをしているかという問題に結びついている。広告は、すべてのサイトとわずかばかりの情報に対価を払わずにウェブを利用するため、直視しなければならない(そして、不満を言わずにはいられない)必要悪と見なされることが多い。だが、目にする広告が増えると、広告について不満を漏らすことが増える。そこで生まれたのがポップアップ広告だ。(以下略)
関連記事

category: パソコン関係

thread: パソコン関連お役立ち情報

janre: コンピュータ

tag: 日記  レビュー  パソコン  インターネット  ニュース 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://haihat.blog.fc2.com/tb.php/4286-80d92465
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

FC2カウンター

カテゴリ

相互RSS

リンク

ランキング

アクセスランキング

Amazon広告

RSSリンクの表示

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。