哀と憂鬱だけが友達 ホーム » スポンサー広告 » アニメ »鉄血のオルフェンズ第7話 感想

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

鉄血のオルフェンズ第7話 感想  

 機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第7話「いさなとり」が放送されました。キャラクターが出揃い始めたので、物語が軌道に乗り始めた感じがします。昭弘がフルボッコにされていたけど、モビルスーツ戦で1対2だったから仕方ないか・・・。

gandamO7.jpg

ガンダムXみたい
 基本的に少年傭兵団がクーデリア(火星独立の活動家)を中心に物語を進める話です。特定の人物が軸で動くのはガンダムXを思い出しました。Xはニュータイプ(ティファ)が軸になって話が進むタイプです。

 また鉄華団のポリシーみたいなのは一貫しているので、前作レコンギスタの主人公ベルリよりは感情移入できます。主人公の三日月はオルガ任せなところがあるので、主人公の意思をどうするのかも気になります。ちなみにXのガロードは惚れた女(ティファ)に全力、艦長のジャミルはニュータイプの保護で活動家に近かった。

 少年傭兵軍団にしては仕事が大き過ぎるし、どんな味方が増えるのか気になる7話でした。Xでは最後にカリスがジャミル達を助けてくれましたからね。元々、傭兵だったウィッツ(エアマスター)とロアビィ(レオパルド)も最後まで助けてくれたし・・・。

 余談ですが、現実の活動家は何であんなに利権臭いんだろうか? まぁ、目立つ活動家はそれ目当てだからというのもあるのかもしれない。
関連記事

category: アニメ

thread: アニメ

janre: アニメ・コミック

tag: 日記  レビュー  感想    アニメ  ガンダム  鉄血のオルフェンズ 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://haihat.blog.fc2.com/tb.php/4308-d3457ad2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

FC2カウンター

カテゴリ

相互RSS

リンク

ランキング

アクセスランキング

Amazon広告

RSSリンクの表示

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。