哀と憂鬱だけが友達 ホーム » スポンサー広告 » コラム・レビュー »グラブルの消費者問題はどこが問題なのか?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

グラブルの消費者問題はどこが問題なのか?  

 現在、グランブルーファンタジー(以下グラブル)のガチャ表記に関する消費者の問い合わせが殺到しています。ソーシャルゲームとしてはドラゴンクエストモンスターズスーパーライト(以下DQMSL)以来の大事です。

gb_antira.png
※問題となったアンチラは正月限定ガチャ、現在は排出していません。

【山本一郎】グラブルの消費者問題に寄せて――スマホゲーム業界全体に漂う問題を軽くまとめてみる
業界動向 2016/01/09 00:00 ライター:山本一郎

http://www.4gamer.net/games/238/G023885/20160108049/


●どこが問題なのか?
 一番ネックになるのはどこが問題だったのか? それは『確率アップ表記をしているにも関わらず実態は違い、ユーザーにガチャを回させて期待値と違う不利益を生じさせた』という事です。4Gamers記事などで山本一郎氏は景品表示法における違反だと明記しています。

 サービスを売る側と購入する側では圧倒的に売る側が情報的に有利です。例えば石ころをレアストーンと偽って売る事も出来るし、判りやすい例だとオカルト水※などがあります。 オカルト水=存在はするけど、効能などが科学的根拠に基づいていない。

 だから法律はクーリングオフから見て分かる通り、基本的には消費者保護に働きます。なお紛らわしい表示を行い消費者の不利益を与えた場合などに発動します。これを有利誤認表示と呼ぶ。上記のオカルト水や怪しい健康器具の通販だと必ずテレビの隅に小さい白字で『※個人の感想です』と予防線が張られている筈です。


 以下はは2ちゃんねるの本スレに書かれた時系列です。HRT=プロデューサーの春田康一氏 FKHR=ディレクターの福原哲也氏 の略称です。

・公式のニコニコ生放送でアニラとアンチラのクロスフェイトを明らかに示唆した発言(後に実装)
・アニラ排出終了(12年後に再排出の可能性はあるが、実質0)
・アンチラ実装
・出ない出ないと各所から報告
・ニコ生のガチャ配信で70万爆死放送
・ガチャ履歴の監視始まる
・アンチラの出現率が低い可能性が濃厚になる
・消費者庁への通報が始まる
・何十万規模の爆死報告が更に増える
・ガチャ履歴からランク1で複数のSSRを所持する怪しいアカウントがアンチラを取得している事が判明
・同様のアカウントが続々と発掘され、水増し疑惑
・発掘されたアカウントが半年ぶりになぜか急に動き出す
・HRTが喋り出し、疑惑のアカウントと運営は無関係と全面否定する
・アンチラの異常な低排出率については完全スルーする
・HRTがパトレイバーの続きを読む
・HRTが再び口を開くがやはりアンチラ確率問題はスルー
・FKHRは素人だと判明する
・ベアトリクスの説明文を事後修正し、優良誤認を成立させる
・アンチラの異常低排出率が記事になり始める
・ベアトリクスの能力値を修正し、優良誤認を誤魔化す
・HRTが再び口を開いたが、アンチラ有利誤認問題には触れず
・サプチケで火消しを計るが、馬鹿にされてると思った擁護派まで怒らせ大炎上
・やまもといちろう氏がアウト認定し、不実記載なら詐欺罪と発言し更に炎上
・新しく実装する武器のパワーアップに必要なアイテムの要求量が多過ぎて炎上
・ゲーム内お知らせで釈明文を公開するが、疑問点に答えておらず炎上
・釈明文が出現率UP中はバハルシが他の石より確率高く設定していると読み取れて新たに問題化
・更には釈明文中で現状のガチャ確率について「故意に設定したものである」と宣言する
・団イベでも起こらないレベルのサーバ障害が突如発生したが、ガチャ履歴は回り続けた
・Yahoo!ニュースに一連の問題が記事として載る
・メンテ終了後、ガチャ履歴にHRTのアカウントがあり、何のメンテをしていたのかと疑念を持たれる
・4gamerにやまもといちろう氏が辛辣な記事を掲載
・HRTが口を開くが今回の問題については完全スルー



●景品表示法違反の実例
◆ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト返金騒動

ガチャ画面で宝の地図(レアアイテム)を大量表示した画像を記載し、ユーザーに当選確率を誤解させた。行政が動く前にポイント返金と画像差し替えで鎮火を行った。

『ドラクエモンスターズ スーパーライト』のガチャは何がいけなかったのか?
篠原修司 | ITライター/メディア編集者
2014年2月6日 20時19分配信

http://bylines.news.yahoo.co.jp/shinoharashuji/20140206-00032403/



◆ライザップ全額返金の過大広告
ライザップは広告で「プログラム開始後30日間は、内容に納得しない場合全額返金する」などと記載。ただ会則で「会社が承認した場合には返還する」と規定している。(以下の記事より引用)

・「全額返金」誤認招く ダイエットジム運営会社「ライザップ」に改善求める
産経ニュース  2015.5.18 20:34更新

http://www.sankei.com/affairs/news/150518/afr1505180049-n1.html



●運営がとるべき対応

 本来、運営が行うべき対応は 1、原因究明と結果報告(当選確率の不備) 2、被害ユーザーの返金対応と相談窓口の開設 3、1番の問題点をシステム修正と被害の補填 この3つを迅速に行うべきだった。しかし、事の流れを見ていると運営がサクラを使って火消しを行ったとまである(一般人を装った工作員で問題が無かったアピール)

prai.png

 しかし、運営は火消しのアメとしてサプライズチケットという暴挙に出る(3000円で回せる10連ガチャ、好きなSSRを1枚選べる特典付き) レアアイテムが揃わないと発動しない効果など、今まで酷いゲーム仕様と相まってユーザーの怒りが爆発した。的外れなプロデューサーの行動がツイッターで垂れ流しになった点も憎しみポイントが高い。


●経験者が語るグラブルの前科
アニラ(2015年正月)
クラリス(クリスマスバージョン/ 15年12月クリスマス)
ロゼッタ(リミテッドシリーズ/ 15年12月レジェンドフェス)
アニラ復刻SR(2015年12月末)
アンチラ(2016年正月)←今回

 2015年正月の限定キャラで搾って、更に劣化復刻で『今当てないと地獄』を見せたと報告がある。こういう劣化復刻は千年戦争アイギスでもかなりの憎しみ要因になっています。積もりに積もって爆発したのが今回のアンチラだっただけとの見方もある。時系列だけで見ると短期間(年末年始)だけでやらかしが多過ぎる。


●確率に関する実例2
千年戦争アイギスより『エア友バグ』
各種聖霊(強化素材)のドロップ率がアップする目玉能力を持った聖霊の友セリアが実装されるやいなや
王子達は我先にとこのユニットを入手し、パーティーに入れて聖霊救出を攻略
だがこのユニットを入れると、逆に聖霊が一切ドロップしない不具合が判明し大騒動となった
その結果、住民から「何か聖霊の友達だよ!これじゃエア友じゃねぇか!」と不名誉なあだ名を付けられてしまう
その後バグは修正されたが、セリアを持っていないと従来の聖霊のドロップ率より低くなると言うトンチンカンな謎修正が行われた
その後にも、聖霊のドロップ率増加の数値がこっそり変更されたりと色々不幸な事が多いユニットである
※こっそり対応されました
関連記事

category: コラム・レビュー

thread: グランブルーファンタジー

janre: ゲーム

tag: ゲーム  レビュー  ニュース  ソーシャルゲーム  ブラウザゲーム  スマートフォン  グランブルーファンタジー  グラブル  DQMSL  ライザップ 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://haihat.blog.fc2.com/tb.php/4343-9d87f490
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

FC2カウンター

カテゴリ

相互RSS

リンク

ランキング

アクセスランキング

Amazon広告

RSSリンクの表示

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。