哀と憂鬱だけが友達 ホーム » 時事ニュース »サポステの特設サイトが叩かれる理由

サポステの特設サイトが叩かれる理由  

 先日、厚労省のホームページ上に地域若者サポートステーションの特設サイトが開設された。しかし、これがネット上では不評で袋叩きになっている。そもそも、どこが問題なのか?

saposute.png
●厚労省・サポステ特設サイト
http://honki.mhlw.go.jp/


1、フリーターとニートをまとめて同じ扱い
2、宣伝キャラがメインターゲット層とズレる
3、宣伝キャラの設定が限定的過ぎる
4、出版社と漫画家の売名行為
5、お約束の頑張れ系


●挫折した人
 社会で挫折した人と言っても様々なケースがある。学生の段階で不登校からの人、新卒の就職時に就職できなった人、一度は就職できたが問題があり辞めた人など。人の人生は色々なのでつまずいたパターンは無数に存在する。

 そして、一度社会に出た人と社会に出る前につまずいた人では種類自体が違う。それにフリーターは今も働いているけど待遇が安い俗に言う”ワーキングプア”に近い人たちだ。こんなのを一緒にターゲットにされても困る。特にステップアップ転職を目指すのならば政府機関ではなく民間の求人サイトを使うべきだろう。


●宣伝キャラの問題
 一番酷いのは宣伝キャラクターだ。大黒シズオ(もうすぐ42歳)とあるがこの時点でモデルを限定的にし過ぎている。どこが男女平等だと・・・。

 こういったキャラクターを設定する場合、個人を特定し過ぎない人のシルエットや非常口マークみたいな人型マークをモチーフにすべきだろう。TBSが初音ミクを紹介する時にしたオタクへのレッテル張りみたいな気持ち悪さを感じる。

TBS「アッコにおまかせ」の初音ミク特集に批判相次ぐ
TBS系「アッコにおまかせ」で「初音ミク」を紹介した特集にネット上で批判が相次いでいる。「ソフト自体とは無関係な『オタク』をおもしろおかしく取り上げるテレビの印象操作にはうんざり」といった声が多い。
2007年10月15日 02時33分 UPDATE

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0710/15/news008.html



●売名行為
 青野春秋氏がキャラクターを描いたのにもワケがある。実は彼自身がフリーターから漫画家に転身した身だという。ただ今回の選定は”税金使って売名行為をした漫画家”と取られても仕方ない。※娯楽コンテンツにおける知名度はかなり重要。オリンピックエムブレム同様に一般公募とかにすれば良かったのでは?

 そもそも、広告キャラクターのモデルがこの作者自信のようだ。特設サイトも成功例を上げてサポステの存在を煽りたいんだろうけど限定的過ぎて逆効果となっている。また頑張れ系の励ましで頑張れたらニートが社会問題レベルなっていないワケだが・・・。

              ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
             /": : : : : : : : \
           /-─-,,,_: : : : : : : : :\
          /     '''-,,,: : : : : : : :i
          /、      /: : : : : : : : i     ________
         r-、 ,,,,,,,,,,/: : : : : : : : : :i    /
         L_, ,   、 \: : : : : : : : :i   / 働いたら
         /●) (●>   |: :__,=-、: / <   負けかなと思ってる
        l イ  '-     |:/ tbノノ    \
        l ,`-=-'\     `l ι';/      \  ニート(24・男性)
        ヽトェ-ェェ-:)     -r'          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヾ=-'     / /
     ____ヽ::::...   / ::::|
  / ̄ ::::::::::::::l `──''''   :::|


 最近の国民は結果が出ない事に税金を使うのを極端に嫌う。よくある例では議員数減らせや議員報酬を削減しろ等である。つまり、思い付きで下手な事をすると総叩きになるのだ。


●根本的な問題
 これの反動で出ている意見が”ブラック企業を何とかしろ”系である。他は頑張れない奴が悪いの自己責任論です。Twitterの評判を見る限りでは沖縄米軍基地と同じで他人事な感じの人が多い。

 根本的な問題はハローワーク(職業安定所)にある。ハロワの求人やサービスは民間より劣り問題も多い事で有名だ。ハロワの相談で一番多いのが求人票と実際の雇用契約内容の違いとも言われている。求人票と給料が違う、部署が違う、残業代が出ない、休日日数が違うなどなど

 また企業にお願いして無理に求人を出させている空求人。また費用が発生しないのでいつまでも居残る常連求人。酷いモノは苦情が入ったにも関わらず掲載し続けている求人もある(右下の備考欄に~周知や契約内容は事前に~など怪しい注意書きがある) 一部では有効求人倍率の水増しの為では?などと囁かれている。

 2ちゃんねるの該当スレなどでもよく愚痴られている。嘘だと思うなら1か月に1度ぐらい土曜日に検索機を閲覧をするといい。閲覧だけならハローワークカードは不要だし、土曜でも利用はできる。2週間ごと程度にチェックし続けていると求人数や見慣れた社名が出始めるはずだ。これぐらいなら在職中でもできる。


 ハローワークの相談員も当たり外れがあり、ハズレを引くと高圧的な相談員がお説教してくる(クレームを入れたら流石に退場するけど) 局員自体も期間雇用の人が多く相談員の質が時期や地域でまちまちで安定しない。問題点を挙げたらキリがない。

 何でハローワークが問題なの?と思うだろう。ジョブカフェやサポステ等が引っ張ってくる求人の大元はハローワークなのだ。お役所仕事で求人流すから問題が多発する。民間の求人と違い体質は中々改善されない。

 結局、問題があった企業名の晒し上げやブロックには大甘のままだ(ただし、優秀な相談員にあたるとこの辺の裏事情を詳しく教えてくれたりする) そんな状態でこんな所に変なサイトに税金使われたら・・・ね?
関連記事

category: 時事ニュース

thread: 気になるニュース

janre: ニュース

tag: ニュース  レビュー  サポートステーション  炎上  厚労省  厚生労働省  ハローワーク  売名  漫画家 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://haihat.blog.fc2.com/tb.php/4374-ad558c50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

FC2カウンター

カテゴリ

相互RSS

リンク

ランキング

アクセスランキング

Amazon広告

RSSリンクの表示

▲ Pagetop