哀と憂鬱だけが友達 ホーム » ソーシャルゲーム系 »【FEH】ヒーローズから見る任天堂の失敗

【FEH】ヒーローズから見る任天堂の失敗  

 ファイアーエムブレムヒーローズを配信してから1週間近くになります。率直な感想だと『ゲームとしては遊べる程度には面白いしFEらしさはある』でも『ソーシャルゲームのバランスとしては最悪のゴミ』と言ったところです。恐らくDeNAの入れ知恵らしき問題点も多数ありました。

FEH_anke.jpg
※最高レアをガチャで出した後に現れる催促


●問題点
1、ガチャキャラに個体差がある
2、レア5、レア4以上だけのキャラある
3、クエストの消費スタミナが一方的に上がる
4、スタミナ上限がプレベルUP等で上がらない
5、レア度上げに必要な英雄の羽のレートが酷い
6、キャラによってイラストレーターがバラバラ
7、マップの難易度分けが乱雑
8、対人とランキング報酬が導入されている
9、出撃時の初期配置を決められない
10、敵キャラの出現情報が大雑把過ぎる
11、闘技場マッチングの精度が不十分
12、英雄の羽の取得がキャラ売却と闘技場のみ
13、ゲーム最初のガチャ広告がウザい
14、星5レアを引いた後にレビューを催促する



●ガチャゲー化の失敗
 一番致命的なのは第一に『ガチャキャラに個体差を入れた』 第二に『既存IP(知的財産権)の歴代キャラを使った』の2点だと思います。特にガチャで個体差を作ったのは失敗でランダムの中にランダムがある状態です。正確にはレアリティ→キャラ選定→個体差の三重苦になります。

 キャラのピックアップ確率が別枠として用意されていたり、裏操作で天井(一定のハズレで確定のアタリが出る)などがあるらしいです。その為、従来のゲームと比べると良心的ではあります。しかし、それはあくまで報道炎上までしたソーシャルゲームの基準での話。マシと言うより”そのレベルにまで落ちた”と言う方が正しいでしょう。


●大手のIPを使った爆死
 第二の『既存IP(知的財産権)の歴代キャラを使った』のも痛手の1つでしょう。そもそも、任天堂はスマホ市場を『自社IPを使って客を呼び込む場』と勘違いしています。実際には『スマホ市場は新IPを生み出す場』だと私は思います。つまり、全て新キャラでスマホ向けの新しいファイアーエムブレムにするべきだった。

 ぶちゃけ、対戦マップ同様にスマホ向けにストーリー内容などもスケールダウンさせるべきだった。こうやってコンシューマ(家庭用)で培った作品ブランドを安易に落とす事は止めるべきです。星のドラゴンクエストとか他社でもこの傾向は強くて無用なヘイトを生む要因になっています。


●不自由なレベリング
 次には消費スタミナ、敵配置、英雄の羽の要求数などのレベリング問題です。このゲームはストーリーを楽しめない(原作キャラを出すだけのご都合話)ので大半はレベリングがメインコンテンツとなります。しかし、プレイした人なら気付きますがレベリング周りが不親切です。

 特にスタミナ消費が上がるくせに上限は上がらない。また修練の塔をスタミナ半額とかいきなりして先発と後発に差を作る。英雄の羽の入手も闘技場(対人)に偏っているのでゲーム下手には苦しいハズです。同キャラ合成ボーナスといい、全体的にプレイヤーの努力が蓄積されにくい。

 正直、レベル20以上になったら上げたレベルに応じて覚醒(レア度UP)に必要な英雄の羽を減らすべきでしょう。現在だと覚醒できるレベル20以上は上げてもスキルポイントを稼げる程度しか利点が無い(逆にこれを取り逃すとスキルを全習得できない問題もある)

 星1とかのコモンキャラはレベル10から覚醒可能とか緩和、レベルが最大の40になったら消費する英雄の羽がゼロになるとかレアリティやプレイヤーの努力をもう少し反映させる必要があります。安易に英雄の羽を1万枚バラまいたのには口が開きました。


●提供されるコンテンツ
 レベリング面が雑いのなら提供されるマップ面も雑いです。修練の塔はランダム生成みたいに敵が適当に出現するし、イベントマップだと難易度が2つだけとか極端な提供内容。本当に全プレイヤーに楽しんでもらおうとしているんでしょうか?

 スタミナ制の癖に敵編成が確認できない、初期位置を設定できない。この辺は改善されるだろうとは思いますがあまりにもお粗末過ぎるでしょ・・・。闘技場(対人)に至っては高レベル×2人が初級に出現したりして連勝が詰む事もあります(PTの合計パラメーター等で強さを算出している)


●統一感のないイラスト
 トレーディングカードのつもりなのか、それとも艦隊これくしょん風なのか知りませんが絵柄のバラつきが酷いです。しかも、登場作品ごとにイラストレーターさんを統一しているとかでなく本当にバラバラなので作り手から何の拘りも感じない。大手ならグランブルーファンタジーみたいにコザキ氏で統一しても良かったぐらいです。


●総括
 初めてのナーシェンイベントが開催中ですが、それもバランスが悪いと感じました。ソーシャルゲームのイベント相場は『イベントキャラの入手はハードルが低く、完全強化までが長い』というプレイスタイルが主流だからです。プレイヤーにとって得る物が何も無いのが一番悔しいんですよ。

 よって調整面では既存のソーシャルゲーム以下、その癖に最初から禁忌のランキング報酬や対人戦をブッ込むあたり頭が悪いと感じました。低レアを覚醒させようとレベリングしている途中にその高レアをガチャで引いたりしたらどうするの? とかプレイヤー損を防ぐセーフティーネット等もガバガバ。

 ある程度のバラマキがなかったらやる気が起こらないゲームですね。普通に考えて闘技場とか初心者キラー過ぎるでしょ。命中回避の概念がなくクラス相性が明確なため、シュミレーションRPGという点ではコンパクトで良くまとまっています。まぁ、空気読めてない調整多過ぎるでしょ・・・。
関連記事

category: ソーシャルゲーム系

thread: ゲームプレイ日記・雑記

janre: ゲーム

tag: ゲーム  レビュー  ファイアーエムブレム  スマートフォンゲーム  スマホゲー  任天堂 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://haihat.blog.fc2.com/tb.php/4421-4ae03c7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

FC2カウンター

カテゴリ

相互RSS

リンク

ランキング

アクセスランキング

Amazon広告

RSSリンクの表示

▲ Pagetop