哀と憂鬱だけが友達 ホーム » スポンサー広告 » 時事ニュース »もっと少ないって不幸自慢は飽きた

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

もっと少ないって不幸自慢は飽きた  

これだけ休めれば大手か優良企業ですよね。
そもそも日本では実労働に対する休暇が少な過ぎると思う。

サービス残業が蔓延している上に36協定とかで簡単に外せる。
それでもストライキをしない日本人は奴隷と呼ぶに相応しい。
あと極度に情弱でそれが当然と錯覚する。

ちなみに海外拠点の外国人のほうが常識人です。
トヨタの中国工場とかストで止まったしw


そもそも法律での縛り自体が驚くほど温いんですよね・・。
逆算で8時間労働では年間105日、7時間では68日らしい。
でも経営者側は36協定や変形など巧みに使い法を抜ける。
脱原発とかデモってる場合じゃねぇ!!


働いた方が良いとか言う人は大局で物事を見れてない。
同時に消費者でもあるわけで経済回してもらわないと困る。

適度に働き(生産)して適度に遊ぶ(消費)とかしないと
今では規制緩和やデフレも手伝い天秤が歪に傾き過ぎてる。

値下げ!処分セール!とか見ると既に嬉しいとか以前に
心苦しくなる感じがします。行き過ぎた過度のサービス


1年間に休めるのは平均124日――最も多い職種は?
(Business Media 誠 - 08月09日 11:50)

ビジネスパーソンは年間、どのくらい休めるのだろうか。25~34歳の働く男女に聞いたところ、年間休日数の平均は124.0日。内訳を見ると通常休日(法定休日・所定休日)が102.8日、夏季休暇4.3日、年末年始休暇5.2日、有給休暇(実取得)10.1日、特別休暇1.5日であることが、DODAの調査で分かった。

 全56職種別の年間休日数(有給休暇含む)を見ると、最も多いのは「製造系-研究開発」の134.1日、次いで「製造系-設計/開発」(134.0日)、「営業系-MR(医薬情報担当者)」(133.0日)が続いた。上位10職種のうち4職種が製造系と、メーカーの技術職は休日が多いことが明らかに。

●夏と年末年始の休暇日数

 夏と年末年始はどのくらい休めるのだろうか。休暇の日数を見てみると、最も多いのは両休暇とも「製造系-設計/開発」で、夏が6.2日、年末年始が6.5日。「メーカーはお盆や年末年始に工場の稼働を停止させる企業が多いため、夏・年末年始に長期休暇を取りやすいと考えられる」(DODA)

 3位にランクインしている「営業系-広告/メディア」(5.4日)は、年間休日数は56職種中46位の109.5日と決して多い職種ではないが、「BtoBビジネスのため法人顧客の長期休暇に合わせて休みを取得しやすいと考えられる」(同)。4位の「クリエイティブ系-出版/編集」(5.2日)も、年間休日数は56職種中22位の124.0日。「印刷所関連がお盆・年末年始は休む影響で、それに合わせて休暇が取れるだろう」(同)

 また有給休暇(実取得)の日数を見てみると、最も多いのは「金融系-ファンドマネジャー/アナリス」の14.5日、次いで「企画・管理系-調査/リサーチ」の13.7日。上位5職種は、いずれも年間休日数は56職種中20位以下だが、有給休暇は取得しやすい環境にあるようだ。

 インターネットによる調査で、25~34歳の働く男女5000人が回答した。
関連記事

category: 時事ニュース

thread: ニュース

janre: ニュース

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://haihat.blog.fc2.com/tb.php/747-076d77a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

FC2カウンター

カテゴリ

相互RSS

リンク

ランキング

アクセスランキング

Amazon広告

RSSリンクの表示

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。