哀と憂鬱だけが友達 ホーム » コラム・レビュー »ヤメテ!→ソードマスターヤマト編

ヤメテ!→ソードマスターヤマト編  

個人的には王道でアリだとは思うんだよ。
それにともなう説得力がないだけ、描きたい所だけ描くとそうなる。


●記事の2パターン
惚れさせて主人公モテモテにしても異性を好きになるのなんて
現実だとどんだけハードル高いと思ってんの?リアリティは?
ただのイケメン顔だけで惚れてるなら理解もできるw

~ながらの天才も魅せ方による。上には上が居る的なのとか
師匠が居る。実は過去に俺も苦労してますたとか色々と出来る。
Gガンダムのドモンだって強い代名詞だがそうでもないだろ?


●ヤツは・・弾けた
ワンパンマン描いてる人とか割とそれなんだよね。
良い意味で基本に忠実・・Web漫画だから読んでみるといい。
ギャグ漫画日和の人に至っては突き抜けてネタに昇華してるw


●古来からの伝統あr(ry
単に中身の薄いペラい漫画やらラノベ()が増えただけに思う。
また人間は一度楽すると中々抜けられない性分だったりするし
デフレ不況が後押しして安全圏を狙いたがるから余計に・・。
最近ではファイアーエムブレム覚醒で痛目みましたw

よく斬れるって噂の名刀を仕入れてもちゃんと研がないと
錆てDQ6のラミアスの剣みたくなるぞw



コレはもうやめてほしいと思う漫画のパターン
(教えて!ウォッチャー - 08月12日 07:10)

漫画にお約束のパターンが出てくると思わずニヤリとしてしまうことがありますが、ありふれた表現が続くと食傷気味に感じてしまうこともあるもの。そこで「さすがにこれはもういいかも…」と思う漫画のパターンについて、みんなの本音を教えて!gooから探ってみました。

「コレはもうやめてほしいという漫画のパターン」

■またそれか…さえないがモテまくりの主人公

これといってとりえがないにも関わらずモテまくる。そんな主人公にモヤモヤしている読者は少なくないようです。

「主人公がいい人すぎ。やけにモテるとかがいや(嫉妬じゃないけど)」(mukimomoさん)

「少女漫画によくある、主人公が先輩とかに片思いしていて、告白しようと思ったらライバルがいて(そのライバルがたいていお嬢様ぶってるあれ)そのライバルになんだかんだやられて、思い切って告白したら答えがOKだったとかってやつ。あれはさすがにあきました」(chaozuさん)

「さえない主人公には、義妹(or隣に住んでる幼馴染の女の子)がいて、主人公のことが好きだというパターン。もう、ええっちゅうねん! しつこいで? ホンマ」(new4000kmさん)

「女の中に男が1人、何故かモテモテ、ハーレム状態。もしくは、男の理想まんまの女の子が出てきて何故か駄目駄目な主人公に惚れちゃうパターン」(xeno-exさん)

など、同様の意見が聞かれました。さえない主人公が理想の相手を射止めてしまうという展開は、いわば恋愛モノの王道ですが、現実にはありそうでない展開だけに、読者の共感を得るとは一概には言えないものかもしれません。

また「すっごい嫌なのは、表紙でくっつく奴が分かっちゃう。そんな漫画。っていうか、少女漫画って大抵そう?」(taemonさん)という意見もあり、読者への裏切りも時には必要とも言えそうです。

■少年漫画あるある

格闘漫画やスポーツ漫画に関しては、

「『生まれながらの才能』とやらをやたら強調する物。こういった設定は、日夜血の滲むような練習を積み、独自の世界を切り開いている世界中の天才達を冒涜しているとさえ思えます」(ikazutiさん)

「スポーツモノで、主人公が最初からものすごい技を持っていたり、何も苦労せずあっさりとスーパープレイをしでかしたりというのは、世の中そんなに甘くないわ~と思っちゃいますね」(Naodon1020さん)

といった声も多数。また、回を重ねるごとに収集が付かなくなってくるパワーインフレに関しても指摘が。

他には、表現の手法として「オチなどの時に、ずど~ん、とひっくり返る(足だけ描く)ヤツ」、「『こち亀』で昔から気になっているのですが、コマの端っこにキャラの顔の一部だけを描くのも気になります」(kimgwaさん)などを挙げる回答も見られました。

漫画でよく使われる王道パターンには安心感がありますが、多くの場面で使われるだけに新鮮味が感じられないことも。みなさんが「さすがにこれはもういいかも…」と思う漫画のパターンには、どんなものがありますか?

注目ワード編集スタッフ
関連記事

category: コラム・レビュー

thread: ニュース

janre: ニュース

tag: 日記  レビュー  コミック  アニメ 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://haihat.blog.fc2.com/tb.php/752-6f8520e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

FC2カウンター

カテゴリ

相互RSS

リンク

ランキング

アクセスランキング

Amazon広告

RSSリンクの表示

▲ Pagetop