哀と憂鬱だけが友達 ホーム » スポンサー広告 » 時事ニュース »政治家のパフォーマンスに注意

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

政治家のパフォーマンスに注意  

 亀岡事件を反省するならば、類型の未熟運転致死傷罪に関する記述を
追記、変更するだけで十分で新設の必要性は全く無いです。

 無駄な法律を作ってドヤ顔で実績作りをしたいだけですよ。
そもそも危険運転の時点で現場が取り扱いを苦労してるのに・・。
せっかくの免許制で明文化しやすいのに作る側がこれではダメだ。

 故意の殺人罪などと罪の重さの逆転が増すだけです。
大体、20年の適応が難しく・・て意味わかってんのか?


 某市長もそうですが、パフォーマンスは要りません。
国民が欲しいのは「誠実さ」です。



■準危険運転罪の創設検討…無免許重大事故を想定
(読売新聞 - 09月04日 07:17)

無謀な運転による死傷事故の罰則を強化するため、法務省が自動車運転過失致死傷罪より罰則の重い「準危険運転罪」の創設などを検討していることが3日、分かった。


 懲役が最高20年の危険運転致死傷罪の適用要件が厳しく、事故の遺族から要件見直しを求める声が出ていることを踏まえた。


 法務省は7日の法制審議会(法相の諮問機関)に重大事故の罰則の見直しを諮問する。滝法相が4日の記者会見で諮問を正式表明する予定だ。


 無謀運転の罰則を巡っては、京都府亀岡市で今年4月、小学生ら10人が無免許運転の少年の車にはねられ3人が死亡した事故で、検察は少年を自動車運転過失致死傷罪(最高刑・懲役7年)で起訴した。


 遺族らは刑法の危険運転致死傷罪での起訴を求めたが、同罪の適用には、〈1〉アルコールや薬物の影響〈2〉制御困難な高速度〈3〉運転技能がない――のいずれかを満たす必要がある。検察は少年が無免許運転を繰り返していたため、一定の技能があると判断、事故は「居眠り」による過失が原因とし、同罪の適用を見送った。


 同省内には、危険運転致死傷罪の構成要件に無免許運転を追加すべきだとの意見もあるが、法律上は難しいとする意見も強い。このため、無免許などでの重大事故を想定した「準危険運転罪」の創設を検討。自動車運転過失致死傷罪より重い罰則を想定している。
関連記事

category: 時事ニュース

thread: ニュース

janre: ニュース

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://haihat.blog.fc2.com/tb.php/779-1ac01ae1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

FC2カウンター

カテゴリ

相互RSS

リンク

ランキング

アクセスランキング

Amazon広告

RSSリンクの表示

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。