哀と憂鬱だけが友達 ホーム » スポンサー広告 » チラシの裏Mk-3 »橋下アンチのアンチ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

橋下アンチのアンチ  

 最近、橋下維新の批判を批判する人がチラホラと出てきてます。
確か民主党政権交代前にもこんなの一部ありましたよね?

 あの時は民主でありながら土屋たかゆき氏が体を張って警告したが
その努力も虚しく今の民主党政権なのは私は未だに忘れません。


 良さそうな維新や橋下を応援する人の中身を見てると驚くほど
中身が空洞に感じます。 マニュフェストの中身を理解してない。
よく維新がー自民がーと言われますが「どこが良い悪い?」と聞くと
答えを出してる人が驚くほど少なく、イメージのみで支援してる。

 二重行政が無くなる! それって当人の維新やらが言ってる事で
何らアテになりませんよね? 自分で調べて見ましたか? てなる。
私も勉強中なので偉そうな事は書けませんが危うい箇所は見つけた。
(特にTPPや現体制に対する革命の難易度など)




簡単な所では以下の様なもの

1、国会議員を減らす
→売国奴だけが残り悪化する可能性がある。
 スパイ防止法などそれに伴う準備や正常化が急務になる。
 ※そもそもまともな国会議員だけなら減らす必要が無い。

2、脱原発でゼロにする
→CO2の排出問題、そもそもエネルギー問題であり
 老朽化した火力や脱化石燃料で新設できない火力
 安い筈のLPGは既に買い遅れでアテにならない等


 耳障りの良い事でもリアリティがかかると脆い物です。
正直、その程度の事なら嘘付き民主党でも掲げてますよ。




精神論読み飛ばせ
 橋下維新の致命的な欠点は「他人との連携が無い」
それどころか排他的に少数派を攻撃して点数稼ぎをしてる感じ
市長になった時も同士の役員に歩み寄る所か真っ先に攻撃した。

 他人の苦言には耳を傾けようとせずに己が道を突き進む。
それを主導力と見誤った人の多いこと、多いこと・・。



■政治家を選ぶという意味

 掲示板だかで誰かが言いましたが政治家を選ぶと言う事は
「馬鹿の中からマシな馬鹿を選ぶ」という事らしいです。

 正直、支援団体怪しいや天下り既得権ゲトゲトなんて
どこの政党でも大なり小なりある。 民主党を見て感じました。

 ならば危険な法案を阻止しようとする人や低リスクな人を
議員として選ぶしかないと言うのが今の日本だと思います。
そもそもババ引き続けた結果が今の日本の惨状なワケですし・・。


 幸い有志が監視して取り上げたりしてくれるので
昔ほど無知なまま通される事が少なくなりました。
(民主党政権になってから裏での強行採決が多数ですが)



■目玉の政策

 憲法改正にしても「今の状態」では私は反対です。
自民の提示する改正後の文面を見ましたが人権と表現に関して
触らなく良い箇所に変更を加えてる。(規制法律への足掛かり)


 TPPにしても訳された原文みたら扱う範囲が広過ぎて
全てに加筆が必要なレベルで、急かされたから加入するとか
精神論など安易な決断で締結する物ではないと感じました。

 チリだかが条文加えて頑張った痕跡は見られましたが
FTAやTPPは現在進行形で他国がトラブル起こしてるのが現状です。




■個人的に選ぶのは

 やっぱり、与党としては自民一党しかないと思います。
問題法案に反対する戦う議員も居ますが野党で残す程度で十分
酷過ぎる売国奴や問題法案支持者はそもそも落とすから論外

 自民の問題である規制は連立組んでる公明党が原因らしく
上手く切り捨てる事が出来れば最後の膿を克服できる可能性が高い
また党の規模や過去の経験からして一番現実的である。

 マスコミが「ねじれ国会」と批判してた時代が懐かしい。
民主になってからマスコミが使わずに消えた語句多過ぎです。


■女性向け要約
一発ヤラせてくれ」と言う良い男は居ましたか?
政権交代時
白馬の王子様を待つだけで幸せな結婚した女性居ますか?
選挙で国会議員を選ぶ時



・余談
 mixiでマスコミ上がりの痛い44歳が居ました。
橋下妄信で安い挑発の繰り返し、本当にアラフォーかw
2chでしか見たこと無い様な酷さに感動すら覚えましたね。

 過去の日記見ても政権交代時には「民主党にやらせてみよう派」
たかじんで言う、大竹まこと みたいな騒がしい人でした。
大阪腐るのも少し理解できた・・・・。
関連記事

category: チラシの裏Mk-3

thread: 日記

janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://haihat.blog.fc2.com/tb.php/782-d721f5ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

FC2カウンター

カテゴリ

相互RSS

リンク

ランキング

アクセスランキング

Amazon広告

RSSリンクの表示

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。