哀と憂鬱だけが友達 ホーム » オレカバトル »新アイテムとカード保護

新アイテムとカード保護  

 オレカバトル2章~砂縛の遺跡~楽しんでますか?
乱数の加減でスカルボーンドラゴンが全然出ません。
ボス島の噂とオレカードの欠点について説明します。


●噂のボス島
 過去にも書いたりコロコロにも記載されてると思う。
左下に序章用の鬼岩島、左上に1章用の幽霊船が
プレイ時に稀に出現する特別エリアです。

 ただ問題なのはこのエリアで新アイテムの報告が
相次いでる・・所持者はドラキュラやアズールらしい。
個人的な体感も含めて、どうやら討伐時のみとか・・。

 某スレで画像が出たのだが、そこでは新アイテムの
壊れた懐中時計+ドラキュラで能力UPとBGM変化
壊れた懐中時計はドラキュラが所持している。

 単なる追加なのかボスエリア専用なのか・・。
ただ1章ではアズールとか倒してる人が多いのに
新アイテムの報告をあまり聞かない。
ボスエリアは飴と見せかけたムチだったとは


●カードの保存
 皆はカードの保存はどうしてますか?
スリーブ、バインダーとかが大半だと思います。
しかし、これは大きな落とし穴だと気付きました。

 オレカのカードは光沢紙への印刷で発行される。
この光沢紙、裏面はともかく印字された表面は
プラスチックと長い時間圧着すると色移りする。
(印刷された絵がにじんだ様になる)


 プラ系はスリーブしかり、バインダーしかりです。
本来、市販のカードは表面に薄いフィルムなりで
加工してるんで、このトラブルは起こらない。

 ガンプラでも塗装の後はトップコートを吹いて
色を保護するように最終加工して終ります。
何もないオレカのカードは非常に弱いんです。


●ラミネート加工
 これを克服するのはラミネート加工が早い。
ラミネート加工は別名パウチなどと呼ばれる。
薄いプラ膜を熱で対象を覆って保持力を上げる。

 オレカだけでなく外に出す張り紙や写真など
色あせて劣化しやすい紙媒体の保護に適してる。
少なくとも強度は数倍になるとみて間違いない。

 ちなみにラミネートで覆ってしまえば印刷された
オレカのカードも保護されて長持ちする。

 市販のラミネートを買って低温のアイロンで
処理する事でも可能だが素直に機械を買おう。
ラミネーターといい、安いのだと2000円である。

 オレカを加工するので名刺や葉書サイズ
またカード以外の加工にも使うことが出来る。
ラミネーターはヒートローラで熱処理するので
ムラ無く綺麗に加工されて出てくる。


●コーナーパンチ
 他にあった方が良いのはコーナーパンチだ。
これでカードの角を丸くすると神羅万象チョコや
デュエルマスターズのカードみたいになる。
角が硬く尖っているのでラミネート後にすると良い。

 ただ直径10mmとかだと角を削り過ぎてARまで
削りかねないので出来るだけ小さい4mmとかで
角を削る様にした方が良い。
関連記事

category: オレカバトル

thread: ゲーム雑記

janre: ゲーム

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://haihat.blog.fc2.com/tb.php/860-df00673c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

FC2カウンター

カテゴリ

相互RSS

リンク

ランキング

アクセスランキング

Amazon広告

RSSリンクの表示

▲ Pagetop