哀と憂鬱だけが友達 ホーム » 時事ニュース »グローバル化への幻想と現実

グローバル化への幻想と現実  

<毎日新聞世論調査>TPP「参加すべきだ」41%に
毎日新聞 - 11月19日 02:00

 毎日新聞の全国世論調査によると、関税を原則撤廃する環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉について「参加すべきだ」と答えた人は41%に上り、「参加すべきではない」の18%を大きく上回った。ただし、「分からない」も35%に達しており、市場開放による国内産業への影響について、衆院選で与野党の論戦が深まるかが問われそうだ。

 TPPを巡り、野田佳彦首相は「交渉推進」を掲げ、衆院選の主要争点に位置づけている。TPP交渉に「参加すべきだ」と答えた人は、民主支持層で53%、日本維新の会支持層で54%。一方、自民支持層は41%にとどまった。

 沖縄県の尖閣諸島の国有化に関しては「適切だった」は57%と、「適切ではなかった」(31%)を上回った。9月の調査では、国有化が「正しかった」は63%。対中関係悪化により日本経済にも影響が拡大するなか、肯定的な回答が減っている。

 衆院選で投票する際に、各党のマニフェスト(政権公約)を判断材料にするかを聞いたところ、「大いにする」(15%)と「ある程度する」(53%)を合わせて67%。一方、否定的な回答は「あまりしない」(19%)、「まったくしない」(9%)の計28%だった。【小山由宇】





 票数内訳の無い変態毎日さんの記事はどうでも良いとして・・。
TPPや日中韓FTAは参加すべきでは無いと思う、自由貿易に夢見すぎ

 経団連の米倉が遺伝子組み換えでモンサントと組んでたり
アメリカの自動車会社の態度見てても食い荒らす気は間違いし


●自由貿易協定て子供だまし
 そもそも自由貿易協定は主権を100%奪取できない限りは結ぶべきでない
更に言うと既に経済的に熟した先進国同士で結ぶメリットは何も無い。
アメリカは相手が悪過ぎ、中国は先日のチャイナリスクを忘れたか?

・節操の無いページ<環太平洋戦略的経済連携協定>
http://taste.sakura.ne.jp/static/farm/society/tpp.html

まぁ、反TPPを中二病呼ばわりしてる人も居るけど
上のページにしても一部が2chの翻訳がソースだったり
日本維新のネット投票を持ち上げてたりするから大概だと思う。
個人的には情報の1つとして見てる。


●自由貿易の使い方
 アメリカが反ダンピングで韓国の国内潰した様なやり方が
本来の正しい自由貿易協定だと思う。 つまり弱者殺しなだけ
(韓国は国内へ安く、海外へはマージンを乗せて高く売ってる)

 確かに関税撤廃が原則で条約内容も限りなく公平に”見える”
あくまで公平に見えるだけで実際に適応されると米韓FTAになる。

 確か米韓FTAでも韓国側の方が撤廃が早く、アメリカ側の撤廃は
韓国の撤廃後の数年後に両者の関税が無くなるのが大半だったはず
この辺はアメリカは絶対に抜かりないし、損になる事はしない。


●日本の食われる部位
 日本だと十中八九、遺伝子組み換えの拒絶が叩かれる。
既に主流になってるので拒絶してる日本が異端で邪魔なだけ
代表例が付加価値で無理矢理相手を黙らせるモンサント

 たかが農業とか言われてるけど食い物押さえられると依存度が
相当跳ね上がって、深刻さは今の自給率なんて吹っ飛ぶ問題だろ?
見えない恩恵の”当然”が吹っ飛ぶのが自由貿易協定


●結局、自由貿易て・・。
 アメリカなどがしてくる大口の自由貿易協定は間違いなく
”何か利になる”のではなく”今ある当然が壊れる”がデメリット

 そして、日本が液化天然ガスLPGの購入が後手に回った様に
”何かを交渉時に不利になる”と言う可能性が出ると言うだけ
自由貿易組んでる同士が有利になるから間接的に弾き出される。
※LPG購買負けは日本の施設不備など他にも問題があります。


 故に正しく言うと参加の有無関わらずデメリットは付いて来る。
潜在的な損益は後者だが、自由貿易を蹴ってる国も少なからず居る。

 TPPや自由貿易を推進する人間なら「どこを狙われてるから○○守る」
と宣言できない限り推進する資格が無いと言う事になってくると思う。
少なくとも”遺伝子組み換え”が出てない時点で今の推進派はダメだろう。
関連記事

category: 時事ニュース

thread: ニュース

janre: ニュース

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://haihat.blog.fc2.com/tb.php/903-6fa65e70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

FC2カウンター

カテゴリ

相互RSS

リンク

ランキング

アクセスランキング

Amazon広告

RSSリンクの表示

▲ Pagetop