哀と憂鬱だけが友達 ホーム » スポンサー広告 » ゲーム関係 »ゼボット キョウモ ウゴカナイ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ゼボット キョウモ ウゴカナイ  

全員終われる『VII』に ― 社長が訊く『ドラゴンクエストVII』で語られた3DS版の新要素と変更点(iNSIDE - 02月01日 22:00)
任天堂は、「社長が訊く『ニンテンドー3DS』ソフトメーカークリエーター篇『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』」を公開しました。

『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』は、2000年にプレイステーションで発売されたRPGのリメイク作品です。グラフィックなどが一新され、さまざまな要素が遊び易く進化しています。

本作について取り上げられた「社長が訊く」が任天堂ホームページにて公開されました。「社長が訊く」で触れられている変更点や新要素をまとめてご紹介します。

■石版が探しやすく
オリジナル版では、ストーリーに深く関わる「石版探し」に苦労した人も多かったということで、プレイヤーのプレイスタイルも当時とは全く違う3DS版では「探して迷う」ことの楽しさを大事にしつつ、「石版探し」の難易度を調整。下画面に表示される地図で石版の位置が確認できるようになりました。

■あらすじシステム
細切れで遊ぶことの多い携帯ゲーム機。ショートストーリーの連続で構成されている『VII』は3DSとの相性が良いという見解を示す一方、どこまでやったかわかりにくくならないような工夫が新たに必要ということで、新たに「あらすじ」システムが実装されています。ストーリー仕立てで過去の冒険を整理して読むことができます。

■すれちがい石版
自分になついたモンスターを飼うことができる「モンスターパーク」が存在し、そこにいる3匹のモンスターを冒険に出すことで新しい石版を入手することができます。この石版は「すれちがい石版」と呼ばれ、「すれちがい通信」を介してほかの人と交換すること可能です。

「すれちがい石版」を手に入れるとその石版だけの洞窟を冒険できるようになります。石版の名前は3匹のモンスターの組み合わせによって「プルプルした洞窟」など個性的に変化。それに伴って内容も異なります。ある程度狙った石版を作ることも可能だそうです。

■物語冒頭の変更
オリジナル版では、戦闘がなく、謎解きアドベンチャー要素の強い物語が長時間続いた冒頭の構成が大きく変更されています。流れやテンポがかなり変わっているそうです。

■職業システムの変更
シリーズでも最も多い50以上の職業が搭載されている『VII』。オリジナル版では、前の職業で覚えた特技は転職後も使用可能で、キャラクターを強くできる一方、職業による個性が失われてしまいがちでした。リメイク版の特技は、転職したらその職業でしか使えない仕様に変更され、より個々の職業の個性が発揮できるようになっています。

■音楽はすべてフルオーケストラ
すぎやまこういち氏が率いるスギヤマ工房によって細部にまでこだわったフルオーケストラの音楽を実現。フルオーケストラの演奏による繊細な表現などが3DSのスピーカーでも美しく聴こえるよう、ワンフレーズずつレベル調整されています。

■すべての漢字にルビ
複数台のニンテンドー3DSを家族で所有している人も多いということで、親子でも一緒に楽しめるようにすべての漢字にルビ(ふりがな)が振られています。およそ12年ぶりの『VII』を小さなお子さんと一緒に楽しめます。

■エンディングで何かいいことが
エンディングにも力が入っているとのことで「エンディングまでいけば何かいいことがいつか起きるかもしれない」そうです。

「社長が訊く」で語られただけでも変更点や新要素が山盛りな本作。開発エピソードなどの詳しい内容はぜひ「社長が訊く」を読んでみてくださいね。

『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』は、2013年2月7日発売予定で価格は6,090円(税込)です。

(C)2013 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/ARTEPIAZZA/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)KOICHI SUGIYAMA


 このエピソード見るだけの為に買おうか迷ってる最中です。
※序盤の方にあるゼボット&エリーの からくり兵物語
ただ転職システムは劣化だろ~掻き集める楽しみ無くなった。

 酷評されがちなDQ6ですけど、私は割と全ての面で好きでした。
DQ7は無駄に長過ぎるのが致命的な欠点だったんですけど、逆に
違うDQ1を何本もプレイするようなオムニバスな楽しみもあった。
更に個々の短編が微妙に本筋に繋がってるのが良い。


 ただ伏線回収がワンピースぐらい長過ぎて忘れちまう事も・・。
あと昼ドラ並に泥臭いストーリーもあって子供には難しかった。
子供に難しい以前にアノ手の話には興味ない人も居るだろうし

 7てキャラの個性が微妙なんで、早過ぎたツンデレぐらい。
兄貴分でキーファが居るけど、馴染んだ頃にゴニョゴニョですし
ガボにジジイ、赤い女の(ry なんつー印象の薄さだ。

 マチルダさんやゼボット&エリーとかご乱心王子の方が
まだ印象に残ってるとか一体全体どう言う事だ!( ゚Д゚)・∵. グフッ!!
エリー「全くスープが冷めちまうぜ【 ゚ Д ゚ 】」
関連記事

category: ゲーム関係

thread: ゲーム雑記

janre: ゲーム

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://haihat.blog.fc2.com/tb.php/995-7cca953d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


プロフィール

FC2カウンター

カテゴリ

相互RSS

リンク

ランキング

アクセスランキング

Amazon広告

RSSリンクの表示

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。